【やばい】住宅ローンが高すぎた…|家計の負担を軽くする3つの方法〜リスクなし試す価値大、売却を考える前に試してみて!

「最近、住宅ローン支払いがちょっときつい」

「もう少し住宅ローンの負担を軽くする方法がないかな?」

と思うことはありませんか?

生活環境の変化や子供の成長などで、家計が圧迫してきつくなっていませんか?

当初はそんなに気にしていなかった住宅ローンの返済が、今となっては高すぎたと困っている人も多いでしょう。

それでは、住宅ローンの負担を軽くすることはできるのでしょうか?

そこで今回は

記事の内容
  • 住宅ローンの負担を軽くするとっておきの方法3つ
  • 住宅ローンが高すぎたと後悔する原因
  • 住宅ローンが返済できないときに最終的にとるべき手段

について詳しく解説します。

    

最近、住宅ローンが高すぎて生活を圧迫してます。
何か良い方法はあるかな?

  

最初のお伝えするとっておきの方法は、誰でも簡単にできる方法として本当におすすめですよ!

この記事を読めば高すぎた住宅ローンの返済を少しでも軽くすることができるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

住宅ローンが高すぎてピンチ!支払いの負担を軽減するとっておきの方法を3つ公開!

新築で家を購入して住宅ローンを払っているけど、途中で生活がきついなぁと感じてくる瞬間がありますよね。

例えば、「子供の教育費がかさんでしまった」「車のローンを組んでしまった」「家族構成が変わった」「子供が大学で一人暮らしをはじめた」このようなことはよくあります。

住宅を購入したときは何となくイメージはしていたかもしれませんが、実際には深く考えていない人もおおく、そのときになって慌ててしまうことも少なくありません。

    

住宅ローンを組んだときに、そこまで想定してなかったかも・・・

  

慌てる必要はないわ!
まずできることからやってみましょう。

ここでは、多めに借りてしまった住宅ローンの負担を軽くするためにとっておきの方法を3つお伝えします。

  1. 自宅前の空きスペースを活用する
  2. 住宅ローンの金利値下げの交渉も効果絶大!
  3. Wワークや副業をする

1と2はリスクや労力がほとんどかからずに、高すぎた住宅ローンで圧迫した家計を一気に楽にできる可能性があります。

やっても絶対に損することはないので、住宅ローンできついと感じている人は是非やってみてください。

これでは、一つずつ紹介します。

・自宅前の空きスペースを活用する

一戸建てやマンションを持っている人は、自宅前の空きスペースや駐車場をフル活用しましょう。

空きスペースを有効活用することで、こそから大きな利益が生まれるからです。

    

自宅前のスペースって人に貸すことはできるの?

  

実はとても簡単に貸し出しできるんですよ!
立地条件によっては月に数万円の利益になることもあるんです。

  

それなら何もしなくても毎月お金が入ってきますね!
住宅ローン負担も軽くなりそう。

自宅前のスペースを貸し駐車場として貸し出して利益がでれば家計は一気に軽くなります。

住宅ローンを組んで家やマンションを購入した人ならほどんどが駐車スペースがあるでしょう。

勤務中など使っていない時間帯などをうまく活用して、自宅前の空きスペースを貸し駐車場として一般の人に貸し出せばOKです。

    

月に数千円〜数万円稼ぐことも可能です!
多いところだと、月に10万円くらい利益がでるところもあるんです。

住んでいる地域にもよりますが、月に数千円〜数万円を稼ぐことができます。

大きな商業施設やイベント会場、学校の近く、駅近なら5万〜10万円を稼ぐことも十分に可能なのです。

その間に自分は何もしなくても良いので、全く労力はかかりません。

    

貸し駐車場にするには、どうやったらいいですか?

  

特p(とくぴー)というサイトに申し込みするだけでOKよ!

    

そんな便利なサイトがあるんですね!
でも、手続きとかは面倒なんじゃ・・・

  

手続きは超簡単!会員登録してLINEやメールで自宅の空きスペースの写真を3〜4枚送るだけなの。

特p(とくぴー)という貸し駐車場のサイトに登録するだけで、自宅の駐車場から簡単に売上が発生します。

サイトに自宅の駐車場を掲載するは、特p(とくぴー)がすべてやってくれるので手間はかかりません。

申込みから振込みまでの作業をすべて特p(とくぴー)が管理してくれるので、入金を待っているだけで良いのです。

   

めちゃくちゃ簡単そうですね!
早速、試してみます。

  

住宅を持っているならすべての人におすすめですよ!

ぜひ、特p(とくぴー)公式サイトで確認してみてください。

\ 登録や利用料は完全無料

・住宅ローンの金利値下げの交渉も効果絶大!

住宅ローンが高すぎると嘆いている人は借り換えを検討する人も多いですよね。

でも、住宅ローンの借り換えをすると手数料が発生するので、思ったほどの効果がない場合もあります。

    

住宅ローンの借り換えって手続きとか面倒・・・。

  

確かに、住宅ローンを借り換えるのは大変なイメージはありまよね!
それなら、とっておきの方法を伝授するわ!

 

とっておきの方法って何?

  

いま住宅ローンを借りている銀行に直接金利の交渉をするのよ。

借り換えを検討しているなら、今住宅ローンを借りている金融機関に金利の交渉をしてみましょう。

上手くいけば、月の支払いが1〜2万円下がります。

    

そんなことできるの?

    

実際に交渉で下げてもらうことはできるわ!
私の場合、全期間固定金利1.75%→1.35%に下げてくれたんですよ。

  

それはすごいですね!
僕も銀行の担当者に相談してみます!

住宅ローンの交渉をするときは、担当者にそれとなく聞いてみるのがおすすめです。

決していきなり、住宅ローンが高いから下げてくださいとは言わないように注意しましょう。
まったく相手にしてもらえなくなります。

  

私がやった方法をそのまま教えますね。

STEP
住宅ローン比較サイトで他の金融機関の金利を調べる

まずは、住宅ローン比較サイトで現在のあなたの返済金利を他の金融機関と見比べて、安いところを1〜2つ探しましょう。

STEP
その金融機関で住宅ローンの見積もりをだしてもらう

これは必ずやってください!
現在の銀行と交渉するときに使います。

STEP
現在借りている金融機関に電話かメールで問い合わせる

他の銀行に住宅ローンの借り換えを検討しているので、ちょっと相談したいというスタンスで連絡するのがポイントです。

STEP
実際の金利の交渉をしてみる

ほかの銀行との金利の差を事前にもらった見積書などを提示して、直接金利の交渉をしてみましょう。
「〇〇銀行は△%なので、同じにしてください!」と強気で交渉するのはNGです。

・できれば、いまの銀行とはお付き合いを続けたい。
・でも金利が高いので借り換えせざるをえない。
・少しでも下げて頂けるなら、このまま継続したい

このように、やんわり交渉するのがポイントです。
銀行側も借り換えされると利益がなくなってしまうので、引き止めてくれる場合もあるのです。

金利の交渉で失敗しても、失うものはなにもないのでチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

交渉がうまく成立すれば、面倒な手続きもいらず金利がさがって住宅ローンの負担が激減します。

交渉に失敗したときは借り換えも本気で検討

交渉がうまくいかなかったら、先に見積もりをとっておいた金融機関に借り換えの相談をしましょう。

金利のほかに、団信の保証内容や事務手数料などをしっかり確認しておくことが大切です。

残りの残債や、返済期間などによって条件はかわるのでしっかりとシミュレーションすることをおすすめします。

・Wワークや副業をする

住宅ローンが高すぎて返済がキツイときは、Wワークや副業で収入を増やすしかありません。

コロナの影響などで、会社の業績が悪化し収入が減っているも多いです。

そのため、Wワークや副業で複数の収入を得て生活している人も増えています。

・WEBライター
・イラスト
・動画制作

特にWEBライターは初心者でも気軽にはじめられるのでおすすめです。

」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングサイトで仕事を見つけられるので 住宅ローンの負担を少しでも軽くしたいならやってもてください。

そのほかに、Wワークとして新聞配達もおすすめです。

朝刊なら本業の時間と被らないので、時間を有効に使えます。

新聞配達.com」というサイトでわかりやすく紹介していました。

住宅ローンが高すぎた3つの原因

家を購入するときは、浮かれ気味になっているので、将来のことを考えているようで考えていません。

あとから気がつくことが多いのですが、住宅ローンが高すぎたと思ってしまう3つの原因について確認しておきましょう。

  1. 営業マンのセールストークの罠にかかった
  2. 年収に対しての比率が高すぎた
  3. 家庭環境の変化が想定外

大きくこの3つが挙げられます。

家を購入するときってあんまり悪いことは想定しないものです。

これから新築一戸建てやマンションを購入するひとも参考になるので、チェックしておきましょう。

・営業マンのセールストークの罠にかかった

住宅を購入するときは必ず、担当のセールスマンがつきます。

家を購入するときは、このセールスマンと相性が良かったからそのメーカーにしたという人も多いでしょう。

しかし、ここに思わぬ落とし穴が潜んでいるので注意が必要です。

    

それはどんな落とし穴?

  

すごく親身に丁寧に接してくれた場合は要注意。
そそのかされないようにしてね。

とても親切に一生懸命にプランなどを考えてくれる担当者はありがたいですよね。

しかし、その担当者の話を全部鵜呑みにしてしまわないように注意しましょう。

何気なく発している言葉に大きな罠が潜んでいることが多いからです。

・〇〇さんなら、給料の◯倍まで借り入れできると思います。
・せっかく住宅を建てるなら後悔のない選択をしましょう。
・頭金は入れなくても大丈夫です。現金を残しておきましょう。

こんな風に言われた人も多いのではないでしょうか?

その言葉を信用しすぎると、借入金額が膨らんでしまい住宅ローンが高すぎると思ってしまうのです。

・年収に対しての比率が高すぎた

住宅ローンを借りるときに、そもそも年収に対しての返済比率が高すぎたことも原因です。

  

「借りられる=返済できる」ではないので注意ししてくださいね。

実際に、住宅ローンの返済比率は30%未満が良いとされています。

例えば、年収500万円の人であれば、返済比率が30%だと年間150万円(月12.5万円)の返済になるのです。

    

僕も30%のギリギリいっぱいで住宅ローンを借りています。

  

でもこれでも正直高すぎますよ。
住宅ローンの借り入れは年収のの4〜5倍までで、できれば10万円以下の返済を心がけたほうが安心です。

仮にハウスメーカーの担当者にそそのかされて、銀行で10倍くらいまでOKですよと言われて5,000万円を借りてしまったら大変なことになってしまいます。

一般的には返済比率は30%までと言われていますが、それよりも低いにこしたことはないので借りすぎないように注意しましょう。

・家庭環境の変化

住宅を購入するときには家庭環境の変化についても考慮しておく必要があります。

想定していないことが起こってしまい、住宅ローンの返済が重くのしかかってくることがあるからです。

一般的に、お子さんは何人で大学まで進学させた場合はいくらなどと考えることは多いですが、以下のようなことまでは考えないでしょう。

・子供が全員私立高校・私立大学に進学
・共働きをしていたが片方の収入がなくなった
・親の介護にお金がかかるようになった
・会社のボーナスが出なくなった

  

人はだれでも、悪いことは想像したくないんです。

最悪の自体が起きるかもしれないので、そのことを想定して住宅ローンの借入金額を設定する必要があるのです。

住宅ローンが返せない場合に起こる最悪のシナリオ

「住宅ローンが高すぎて返済できない!」

そうならないように早めに対処しておかなければいけません。

万が一、返済が滞ってしまった場合に起こる最悪の状況について知っておきましょう。

  1. ブラックリストにのる
  2. 住宅の差し押さえ
  3. 家庭崩壊の危機

・ブラックリストにのる

住宅ローンを支払いが複数回滞ると、信用情報機関いわゆるブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ってしまうと、デメリットしかないので注意しましょう。

・新しいクレジットカードが作れない
・ローンの審査に通りにくくなる

ブラックリストに載ると5年〜10年くらいはその情報が消えません。

今後、仕事や生活をしていく上で不利になるのは間違いないので、住宅ローンは滞納しないように注意しましょう。

・住宅の差し押さえ

住宅ローンの支払いが滞ると、最終的には住宅を差し押さえられてしまいます。

住宅が差し押さえられると競売にかけられてしまうのです。

競売にかけられた物件が、誰かに競り落とされると立ち退きを余儀なくされてしまいます。

一般的に住宅ローンの滞納が6ヶ月くらい続くと、裁判所から競売開始決定通知書が届くでしょう。

競売に掛けられてしまったら、住宅の任意売却はできなるので、なるべくその前に対処できるようにしておくことが望ましいです。任意売却は、市場価値に近い金額で売却できるので残債を少しでも減らすことができます。

・家庭崩壊の危機

住宅ローンが高すぎて払えない場合は、家庭崩壊をさせてしまうリスクもあります。

住宅ローンを支払いできないということは、生活が厳しい、お子様などの教育などにもお金を掛けられないという状況になり夫婦喧嘩する機会も増えてしまうからです。

生活に余裕がなくなれば、お互いにピリピリした状況は続きます。些細なことで言い合いになったり、喧嘩してしまうことも少なくないでしょう。

住宅ローンを支払いできないと、お金だけでは無く家族を失ってしまう可能性が高いのです。

住宅ローンが高すぎて困ったら最終的にとるべき3つの行動

住宅ローンが高すぎて支払いができなくなる前に、最初の章で紹介した「貸し駐車場」や「クラウドワークス」をやってみましょう。

そんなのやる時間がないという人は、早めに次の行動が大切です。

最終的には以下の行動に移しましょう。

  1. 金融機関や専門家に相談
  2. 給付金や保険適応がないか確認する
  3. 住宅の売却を検討する

自分一人で考えても答えは出ません。

対応できることは色々あるので、まずは誰かに相談するようにしましょう。

それでは、住宅ローンが高すぎて支払いが厳しいときに最終的に行動について紹介します。

・金融機関や専門家に相談する

住宅ローンの支払いが高すぎて、支払いできそうにない場合は、金融機関や専門家に相談しましょう。

まずは、住宅ローンを借りている銀行の担当者に相談して、条件変更をお願いします。

条件変更をしてもらえるかは、そのときに状況によって銀行側が判断しますが、住宅ローンの返済期限を延長してくれたり一時的に支払額を減額してくれたりします。

滞納してしまうのことは良くないので、住宅ローンの支払いが難しいと感じた場合は早めに銀行などに相談するようにしましょう。

・団信の保険適応がないか確認する

住宅ローンの支払いが厳しい原因に、急な病気や怪我などにより収入が落ちてしまったという場合がああります。

そのようなときは、給付金や団体信用生命保険(団信)の適応条件に当てあまっている可能性があるので必ず確認しましょう。

団体信用生命保険は住宅ローンを借りるときに必ず加入する生命保険です。その適応条件のなかに病気や入院などの一時的に収入がダウンした場合のプランが盛り込まれていることがあるのです。

その保険金を住宅ローンに充てることができるので、生活が楽になります。

・住宅の売却も検討する

住宅ローンの支払いが高すぎるとかんじたときは、住宅の売却も検討してみるとよいでしょう。

一戸建て住宅やマンションなどは近年価値が高騰しており、住宅を売却することで損失がなくなる可能性もあります。

むしろ購入時よりも価値が上がっている場合もあるのです。

住宅の売却を視野にいれているなら、まずは市場価値がどのくらいあるのか知っておく必要があります。何も知らずに、1社におまかせしてしまうと数百万円も大損してしまう可能性もあるのです。

住宅の査定は無料でしてもらえるので、住宅ローンの支払いがきついと感じているなら、いま住んでいる住宅の査定をしてもてはいかがでしょうか?

まとめ:住宅ローンが高すぎた場合は、簡単にできることからやってみよう!

最初はあまり意識していなかった住宅ローンも年数が経ってくると高すぎたと感じてしまいます。

昔にはもう戻れないので、借りすぎてしまった金額を減らすことはできません。

でも、ちょっとした工夫で無駄な労力を掛けずに、住宅ローンの負担を軽くすることはできるのです。

記事のまとめ

・自宅前の空きスペースがあれば貸し出す
・住宅ローンの金利の交渉にチャレンジする
・時間に余裕があるなら副業をしてみる

せっかく新築で住宅を建てたなら、これを活用しない手はありません。

空きスペースを貸して数万円でも住宅ローンの支払いに当てられれば、かなり楽になると思いませんか?

気になる方は、一度貸し駐車場「特p」のサイトを覗いてみてください。

\ スマホで簡単!無料登録 /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる