【最新版】代々木アニメーション学院は今もやばいの?実際の評判も独自調査したので紹介します!

「代々木アニメーション学院は実際どうなの?」

「代々木アニメーション学院の評判でやばいと検索にでてくるのははなぜ?」

と思うことはありませんか?

代々木アニメーション学院に興味はあるけど、あまりいい評判が出てこないので迷ってしまいますよね。

では実際に代々木アニメーション学院は「やばい」のでしょうか?

そこで今回は

記事の内容
  • 代々木アニメーション学院はやばいと言われる3つの理由
  • 代々木アニメーション学院の主な特徴
  • 代々木アニメーション学院のメリット・デメリット
  • 独自調査した実際の評判

について詳しく解説します。

この記事を読めば代々木アニメーション学院の現在の評判について知ることができ、進路先の選択肢が1つ増えることになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

無料でもらえる /

目次

代々木アニメーション学院が「やばい」と言われる3つの理由

について知らべると、あまりいい情報がでてきません。

昔の情報ばかりで、最近の情報が少ないからです。

ここでは「代々木アニメーション学院=やばい」となっている理由について紹介します。

その理由は主に3つあります。

  1. 入学金の未返還問題
  2. 民事再生法で経営再建
  3. 入学してくる生徒の質

悪い情報の根源はこの3つにあります。

この情報がずっと継続しているので、代々木アニメーション学院はやばいと思われているのです。

それでは、やばい理由について詳しくみていきましょう。

・入学金の未返還問題

は入学金の未返還問題というものがありました。

2006年5月に入学金をめぐる問題で公正取引委員から排除命令を出されているのです。

当時の募集要項で「入学辞退者には学費を返還」と記載していたにも関わらず、キャンセル料などと称して22万円分を返還してしませんでした。

このことが原因で、代々木アニメーション学院は社会的に信用を失ってしまったのです。

・民事再生法を適応し再建

代々木アニメーション学院は2006年12月に民事再生法の申請をしています。
そのときの負債総額は22億円でした。

経営がうまく行かなくなった理由はいくつがありますが、競合他社が強くなった影響による生徒数減少、派手なCM等による広告費の増大、大矢敏行(前社長)による学費の私物化などと言われています。

その後、民事再生法の適応が許可がおり、経営を再建。旧経営陣と当時関係の深かった「学校法人大矢学園」との関係は一切なくなりました。

・就職率が100%以上!?

がやばいと言われていた理由に就職率が一時期100%を越えていたことも関係しています。

代々木アニメーション学院に限った話ではありませんが、就職の内定が複数決まった人を1つとしてでなく、複数として数えていたのです。
実際にはアニメ業界に就職できたのは少なく、ほかの業界に就職したりアルバイトなどで生計を立て人もいたようです。

しかし、声優やマンガ家志望の人は一般の就職事情とは大きく異なります。

現在の代々木アニメーション学院は、数多くのオーディションや審査会の機会を設けており、チャンスが多いのが特徴です

進学や就職といったサポート体制も万全なので、昔と違って心配する必要はないでしょう。

代々木アニメーション学院の基本情報

代々木アニメーション学院の基本的な情報は以下の表にまとめました。

会社名株式会社代々木アニメーション学院
創立1978年6月15日
代表取締役社長・学院長橋本 大輝
資本金5,000万円
所在地東京都千代田区神田三崎町1-3-9 MCビル5階
電話番号03-6895-5622(代表)
0120-310-042(フリーコール)
校舎東京・池袋・大阪・なんば・名古屋・福岡・仙台・広島・金沢・札幌
事業内容教育事業(専門校/カルチャースクール/通信制高校)
エンタメ事業(所属タレント:=LOVE、≠ME)
劇場・ライブハウス運営(天王洲銀河劇場、YOANI Live Station)
学童保育事業(こどもひみつきち)
公式WEBhttps://www.yoani.co.jp

・各コースの紹介

にはさまざまなコースが設定されており、6つの学部、23種類の学科に分かれています。

全日制コースのほかに週1コースがあり、普段働いている社会人でも声優やアニメ業界に興味がある人がプロを目指せる環境が整っているのが特徴です。

エンタメ学部
(土日・夜間の週一コースあり)
・声優タレント科
・アニソンアーティスト科
・2.5次元演劇科
・YouTuber科
・eスポーツ実況科
エンタメスタッフ学部・PA・照明科
・芸能マネジメント科
・イベント企画科
・2.5次元舞台演出・舞台制作科
アニメ学部・アニメーター科
・アニメ背景美術科
・アニメ監督・演出科
・アニメ音響科
クリエイター学部
(土日・夜間の週一コースあり)
・イラスト科
・マンガ科
・マンガ科
・シナリオ・小説科
・衣装デザイン科
ゲーム学部・ゲーム総合科
・ゲームプログラミング科
こども学部・こども保育科
・声優保育Wスクール科
・イラスト保育Wスクール科
高等部高校卒業資格を習得できるコース
全日社会人夜間学部/全日Wスクール学部仕事と両立できるコース

高等部はアニメや声優などの勉強をしながら、高校卒業資格を習得できるコースです。3年間並行して学ぶことで高校卒業と同等の資格を持ちながら最速デビューも可能です。

さらに、全日社会人夜間学部/全日Wスクール学部は、社会人を対象としたコースもあります。
平日の夜間や土日など仕事を両立しながら通うことができるのです。

・学費や入学金

代々木アニメーション学院の学費や入学金は以下のようになっています。

学科エンタメ学部
(声優タレント科・アニソンアーティスト科・2.5次元俳優科)
アニメ・クリエイター学部
(アニメーター科・アニメ背景美術科・イラスト科・マンガ科)
入学金200,000円200,000円
年間授業料693,000円693,000円
施設設備費385,000円429,000円
教育充実費220,000円220,000円
教材費55,000円55,000円
初年度合計1,553,000円1,597,000円

・AO入学もある

代々木アニメーション学院にはAO入試があり、入学を強く希望している生徒には特別な特典をつけてくれます。

・20万円分の学費免除(入学金相当額)
もしくは
・入学まで週一授業無料(特別授業が無料)

AO入学奨学制度を利用すると、上記の2つの好きな方を選択できます。

早めに入学を決めている人は、特別授業(受講料全額免除)を受講したほうがお得な制度になっています。

特別授業は入学までの間に週一コースが無料となるため、前年度の4月(第一期)に申し込めば最大で29.7万円もされるからです。

しかも、本入学までの期間に週一で学べるので、入学時点では他のライバルよりも圧倒的に有利になるのです。

無料でもらえる /

・代々木アニメーション学院の卒業生

代々木アニメーション学院には、過去に沢山の有名な卒業生を排出しています。

卒業生代表作
古賀 葵さん・ぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜(四宮かぐや)
・天使の3P!(金城そら)
中島 ヨシキさんアイドルマスター SideM(山下次郎)
ヒナまつり(新田義史)
水樹奈々さん・ブラッククローバー(バネッサ・エノテーカ)
・NARUTO -ナルト-(日向ヒナタ)
・ハートキャッチプリキュア!(花咲つぼみ/キュアブロッサム)
松岡 禎丞さん・ソードアート・オンライン(キリト / 桐ヶ谷和人)
・鬼滅の刃(嘴平伊之助)
・五等分の花嫁(上杉風太郎)
鈴村 健一さん・鬼滅の刃(伊黒小芭内)
・黒子のバスケ(紫原敦)
・銀魂(沖田総悟)
生天目 仁美さん・ドキドキ!プリキュア(相田マナ)
・プリンセスコネクト(シズル)
櫻井 孝宏さん・鬼滅の刃(冨岡義勇)
・呪術廻戦(夏油傑)
中村 悠一さn・呪術廻戦(五条悟)
・ハイキュー!!(黒尾鉄朗)
田村ゆかりさん・NARUTO -ナルト-(テンテン)
・Re:ゼロから始める異世界生活(プリシラ・バーリエル)

やばいとは言わせない!代々木アニメーション学院の5つのメリット

代々木アニメーション学院はかつての悪い印象から考えられないくらいに変化を遂げています。

新しい学科を創設して、時代にマッチした専門的な学習を選べるようにカリキュラムを組んでいます。

のおもなメリットは以下の5つです。

  1. 【実績No1】歴史が長くたくさんの卒業生を輩出
  2. 全国10箇所に校舎がある
  3. プロの講師陣による本格的な指導
  4. 入学からデビューまで安心のサポート
  5. 豪華な設備でレッスンが可能

このように、代々木アニメーション学院にはたくさんの魅力が詰まっています。

それでは順番にその特徴についてみていきましょう。

・【実績No1】歴史が長くたくさんの卒業生を輩出

代々木アニメーション学院は声優・アニメ業界を学べる場所として歴史が長く実績がナンバー1の学校です。

設立が1978年でアニメ業界では日本ではじめての声優のプロを目指す学科を立ち上げています。

これまでの卒業生は述べ12万人もおり、その中には水樹奈々さんのような大物声優さんも入っているのです。

アニメ業界の至るところに、の卒業生が携わっているため横の繋がりができやすいのが魅力です。

・全国10箇所に校舎がある

代々木アニメーション学院には全国で10箇所に校舎があります。

どの校舎にいても同じカリキュラムで授業を受けられるため、地域で差が出にくいのもメリットです。

東京、池袋、大阪、なんば、名古屋、福岡、札幌、仙台、広島、金沢

上記の10箇所にあるので、どのエリアにいてもアニメの業界を目指すことが可能です。

就職・デビューのサポートも全国統一でおこなってくれるので地方にいても不利に働くことは少ないです。

・プロの講師陣による本格的な指導

代々木アニメーション学院は、業界で大活躍している豪華な講師陣の授業が受けられるのも魅力のひとつです。

実際のプロに実践的に教えてもらえるため、迫力が身近に感じられて吸収のスピードも早くなるのです。

例えば以下のような有名な講師陣から直接指導が受けられます。

矢尾 一樹さん 小尾 元政さん
松本 梨香さん 真田アサミさん
浅田 葉子さん 須嵜 成幸さん

上記の声優タレント科の他にも、アニソンアーティスト科の鈴木静那さんや、アニメーター科の橋本 敬史さんなどがから学ことができるのです。

無料でもらえる /

・入学からデビューまで安心のサポート

代々木アニメーション学院に入学するとデビューまでの期間に徹底したサポートを受けられます。

それは、代々木アニメーション学院が「学生の夢をカタチにする」という使命感があるからです。

現役のプロの講師が、進路の相談やデビューまでの道のりについて親身になって相談に乗ってくれます。

さらに、在学中だけでなく卒業したあとも就職に関してや、今後のデビューについてもサポートをしてくれるので安心です。

代々木アニメーション学院は、大手出版社によ個別審査会を設けたり、就職ツアーなどを開催してくれるので、チャンスがまったくないということはないのです。

頑張り次第で、あなたの才能を見つけてもらえる機会が大きのもメリットとなります。

・豪華な設備でレッスンが可能

代々木アニメーション学院は、天王洲銀河劇場を2017年から運営しています。

ここでは2,5次元ミュージカルなどを公演しており、在学中からプロのステージで経験することが可能となっています。

その他に代アニLIVEステーションという専用のライブステージがあり、舞台やライブの緊張感を体験できます。

各校舎には、音響設備が整ったレッスンスタジオやエンタメ学部用の録音スタジオなど豪華な設備のなかで業界のプロを目指すことができるのです。

代々木アニメーション学院のデメリット

代々木アニメーション学院は、たくさんの魅力がつまった施設ですが、当然デメリットもいくつかあります。

この点をしっかり確認しておくことが、今後の進路を考えたときに非常に大切です。

おもなデメリットは4つあります。

  1. 料金は安くはない
  2. プロになれるとは限らない
  3. 仲間と仲良くなりすぎる
  4. 学校法人(専門学校)ではない

それでは一つずつ深堀りしていきます。

・料金は安くはない

の学費は決して安くはありません。

上記でも触れていますが、初年度で150万円ほどかかり、2年目は130万円ほどかかるのです。そのため卒業するまでの2年間で280万円ほどかかる計算になります。

しかし、他の有名どころのスクールもだいたい同じような金額なので、代々木アニメーション学院だけ高いわけでないということを知っておきましょう。

・プロになれるとは限らない

代々木アニメーション学院に通っても全員がプロになれるわけではありません。

アニメやマンガ界などの第一線で活躍できるのは、一握りの才能をもった人たちだからです。

その選ばれた人になろうと、ライバルたちがしのぎを削って頑張っています。必死に努力すれば、成功できる可能性は高くなりますが、全員プロになれる保証はどこにもないのです。

イチローさんに野球を教わったり、三浦知良さんにサッカーを直接指導してもらってもプロに慣れないのと一緒です。

アニメの業界も厳しい世界であることは認識しておきましょう。

・仲間と仲良くなりすぎる

代々木アニメーション学院の生徒は、趣味や思考は似たものが集まっているのでとても仲良しです。

仲良しはとても素晴らしいことですが、仲が良すぎるために本来の目標を忘れてしまう可能性があります。

仲が良すぎて遊びすぎてしまったり、授業に集中できないまま2年間を過ごしてしまうこともあるのです。

最初の目標を忘れずに、友達とも良いライバル関係で切磋琢磨できるように頑張れる人じゃないといけません。

・学校法人(専門学校)ではない

代々木アニメーション学院は専門学校としての認可がおりていません。いわゆる無認可校です。

無認可校の場合「交通費に学割が効かない」「学歴として認められない」「大学に編入できない」などのデメリットが生じます。

しかし、無認可校ならではのメリットもあるのを知っておきましょう。

無認可校の場合は、カリキュラムを自在に変更できたり、授業時間をフレキシブルに対応できるメリットがあるのです。

認可校の場合は、国の許可が必要なためカリキュラムを今の時代にマッチしたものに変更するのにかなりの時間を要します。

しかし、無認可校なら今必要なものを先取りしてカリキュラムに組み込めるので最先端の授業を受けられるのです。

高等部なら高校卒業資格はもらえる

には高等部が存在します。

15歳以上であれば入学でき3年間のカリキュラムを終了すると、高校卒業と同等の資格が得られます。

専門学校としての経歴にはなりませんが、高卒と同等の資格があるので進学はできるのです。

無料でもらえる /

こども部なら保育士の資格の取得可能!

代々木アニメーション学院のユニークな点は、こども部こども保育科があるところです。

絵を書く才能や、歌やダンスといった得意分野をいかして保育士として活躍するために学科があるあります。

声優やクリエイターとしての勉強をしつつ、将来を見据えて保育士の道も確保できるコースが用意されているのです。

代々木アニメーション学院の評判を独自調査した結果・・・

代々木アニメーション学院についての評判を、クラウドソーシングサイトを利用して独自にアンケート調査をしました。
(2022年1月現在)

良い評判と悪い評判など、在学中や卒業生の実際なリアルな声を集めたので参考にしてください。

現在もアンケートを集めている最中なので、随時、追加更新していきます。

それではまずは、悪い評判からみてみましょう。

・これはやばい!?良くない評判

悪い点は年間の費用がやはり高いということであります。

(男性、卒業10年以上前)

悪かったところといえば、授業料が高いと思いました。施設の割に高いのかなと個人的に感じました。

(男性、卒業5年未満)

学費が高いことです。学費ローン支援が充実していると言っても親に学費のことで負担をかけてしまい申し訳ないと感じています。目的がはっきりしていない方にはオススメ出来ません。

(女性、卒業10年以上前)

都心部なので仕方ないが、騒音が気になる、酷くて授業を中断した時もあります。

(女性、卒業10年以上前)

基本的に「書く」がメインの授業なので、講師はその間見て回るでもなく生徒として放置されている感があった。就職に関して非正規であっても就職出来た、とカウントされ、卒業後に就職に関して相談しても「卒業したら当校とは関係ない」と突き放されたことにショックを受けた。

(女性、エンターテイメント・ノベルズ科卒業10年以上前)

アンケートでは学費が高いといった評判が多くを占めていました。

また10年以上前に卒業した生徒は、上記で説明したとおり就職のカウント問題や講師の質が良くないなどの感想もありました。

・良い評判

こちらのスタッフさんの指導がほんとうによく、自分もしっかりと技術を習得することができたのはないかと思っております。現在ではyoutubeでもこの技術が活かせているのでこういった技術はこれからも必要になるかと思います。

(男性、卒業10年以上前)

代々木アニメーション学院に入って一番良かったと思うことは先生方の面倒見の良さだと私は思います。授業後分からないことがあれば分かるまで真摯に教えてくれました。
アニメーションをしっかり勉強したい人には強くお勧めします。

(男性:卒業5年未満)

同じ目的を持った仲間に出会えたことです。世間体では「オタク」「マニアック」と言われる私達ですが、通学すればそんなことは気にしない、通学するのが楽しみです。

(女性、卒業10年以上前)

直近5年位の評判は講師や先輩が優しくて良かったという声が多かったです。

昔とは大きく変わったので、やばいという印象はありません。

まとめ:代々木アニメーション学院がやばいとは過去の話!

の現在の様子について紹介しました。

やばいといい言われていたのは過去の話で、今現在は健全な経営体制で学生のためにしっかりとサポートしている学校です。

記事のまとめ

・代々木アニメーション学院がやばいのは昔の話
・豪華な講師陣の直接指導が受けられる
・卒業生も有名人が多い
・入学からデビューまで安心のサポート体制がある

代々木アニメーション学院は、日本初の声優のプロ養成所としての実績は無視できません。多くの卒業生がいるからこその強みがあるのです。

アニメやマンガ業界のプロを目指すなら、代々木アニメーション学院を選択肢の1つとしてもよいでしょう。

代々木アニメーション学院について気になっているひとは、まずは資料請求だけしてみましょう。

無料でもらえる /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる