ファルマスタッフは紹介手数料はかかる?薬剤師と薬局側での違いを解説!

ファルマスタッフは紹介手数料はかかる?薬剤師と薬局側での違いを解説!
  • URLをコピーしました!

薬剤師さんが転職するときに、転職サイトを利用したいと考えている人は多いですよね。

そのときに、ファルマスタッフに登録すると紹介手数料はかかるのかな?と気になったことはありませんか?

この記事では、ファルマスタッフの紹介手数料について紹介しています。

結論からいうと、ファルマスタッフを利用しても薬剤師側にはまったく紹介手数料はかかりません
転職やキャリアアップの相談はもちろん、転職先への交渉なども全部タダでやってくれます。

転職を有利に進めるために、必ずファルマスタッフに登録しておいた方がいいですよ。

薬剤師転職を成功させている人の90%以上が薬剤師転職サイトを利用しています。
専任のコンサルタントがあなたにあった適切な職場を紹介!
面接同行で待遇面も薬局に交渉をしてくれるので、最高の条件で転職できます。

\薬剤師の 満足度No1/

完全無料!3分で登録完了

目次

ファルマスタッフを利用する薬剤師には手数料は発生しない

冒頭でも説明しましたが、ファルマスタッフを利用しても転職を希望する薬剤師側には紹介手数料をとられることはありません。

ファルマスタッフを利用しても紹介手数料がかからない理由は、採用する薬局側から紹介料をもらって運営しているからです。

転職をする薬剤師側にはまったくお金がかからないので、ファルマスタッフを利用しないのはもったいないですよ。

例えば、ファルマスタッフに登録すると以下のことをすべて無料で利用できます。

  • ファルマスタッフの求人情報の閲覧
  • 担当のコンサルタントに転職の相談
  • 今後のキャリアアップについての相談
  • 面接の仕方や履歴書の書き方のアドバイス
  • 薬局まで一緒に付きてきてもらって交渉してもらう

これだけのことがすべて無料なのです。
転職に関することは何でも相談できます。

自分一人で就職活動や転職をすると不安がありますよね。

その点、ファルマスタッフに相談すると「この薬局は忙しいから向いていませんよ」「在宅の仕事を中心に仕事ができる薬局です」など的確なアドバイスをしてもらえるのです。

これから就職や転職を考えているなら自分ひとりで行動しないで、ファルマスタッフなどの薬剤師転職サイトに登録してくださいね。

\ 手数料なし! 何度でも相談可能/

薬局側はファルマスタッフに紹介手数料を30%前後支払う

ファルマスタッフを利用して薬剤師を採用する薬局側には紹介手数料が発生します。

薬局側がファルマスタッフに支払う紹介手数料の金額は薬剤師年収の25%〜40%と言われています。
平均的に30%前後となることが多いです。

紹介手数料の正確な金額は公表されているわけではありませんが、間違いありません。

というのも、私が現場レベルでの交渉に立ち会う機会もあるからです。
私自身もフリーランス薬剤師として薬剤師紹介の仲介などもしていましたが、そのときも概ね30%が相場でした。

仮にファルマスタッフの紹介手数料が30%だとすると、以下の金額が薬局側に発生します。

・薬剤師の年収400万円:紹介手数料120万円
・薬剤師の年収600万円:紹介手数料180万円

薬剤師が1人転職するだけで、100万円以上のお金が動くことになります。

金額だけ聞くと大きいと感じるかもしれませんが、薬剤師に限らずほかの業種でも人材紹介会社から求人採用すると同じくらいの紹介手数料が発生しています。

例えば、エンジニア転職などの場合でも平均約35%の紹介手数料が企業側に発生すると言われているのです。

転職や就職は成功報酬型なので、このくらいの金額は妥当なのでしょう。
人生の中で転職する回数も限られています。

ファルマスタッフを利用して薬剤師を採用すると、薬局側が25%〜40%くらいの紹介手数料がかかることは覚えておきましょう。

薬局側がファルマスタッフに紹介手数料を払っても人材を採用する3つの理由

薬局側がなぜ高額な紹介手数料をファルマスタッフに払ってでも薬剤師を採用したいのか気になりませんか?
それには主に3つの理由があるのです。

下記で薬局側がファルマスタッフに紹介手数料を支払う理由について詳しく説明していきます。

紹介手数料を払う理由①質の高い薬剤師の質を採用したいから

薬局側がファルマスタッフに紹介手数料を支払っても薬剤師を採用するのは、質の高い薬剤師を最短で見つけたいからです。

ハローワークや無料の求人サイトにも掲載することは可能ですが、誰でも閲覧できる媒体なので応募者がたくさん来てしまう可能性があります。

その中にはいろんな薬剤師が混じっています。

  • レベルの高い薬剤師
  • 患者対応の素晴らしい薬剤師
  • コミュニケーションが苦手な薬剤師
  • オラオラ系の薬剤師
  • 不衛生な薬剤師

正直どんな薬剤師が連絡をくれるのかは、実際に会ってみないとわからないのです。
実際に面接したけど、この薬剤師はNGなんてことになったら時間の無駄ですよね。

その点、ファルマスタッフを使って採用すると担当者のチェックが一度入ります。
ファルマスタッフの担当者は、薬局側が欲しい人材とマッチしそうな薬剤師しか紹介しないのです。

薬剤師の質が担保された状態で面接まで来るので、実際に採用される確率が上がります。

そのため、薬局が求める薬剤師をファルマスタッフが選んでくれるので紹介料を払ってでも採用したいのです。

紹介手数料を払う理由②紹介料が発生するのは薬剤師に限ったことではないから

上記でも軽く触れていますが、紹介手数料が発生するのは薬剤師転職に限ったことではありません。
医師や看護師はもちろんですが、保育士、美容師、IT企業などありとあらゆる職業に人材紹介業者が存在します。

どの会社も素晴らしい人材を採用したいときは、紹介手数料を支払ってでも入社してほしいのです。

ほかの業界の人材紹介で発生する紹介手数料は約35%とされているのでで、ファルマスタッフだけが高いというわけではないのです。

無駄に求人情報を雑誌や新聞などの広告を載せたりするほうがよっぽど高額な出費になってしまいます。

そのため、薬局側はファルマスタッフに紹介手数料を払っても特に問題ないのです。

紹介手数料を払う理由③すぐに入社してほしいから

薬剤師がいないと開局できないので、すぐに薬剤師を確保しないといけない場合がありますよね。
ファルマスタッフを利用すると比較的早く、薬剤師を紹介してもらえます。

ファルマスタッフに登録している薬剤師の数も多いので、薬局にマッチした人材を早めに見つけられるからです。

もし、一人薬剤師の管理薬剤師が怪我や体調不良などで急遽やめることになってしまった場合はすぐに代わりの薬剤師を見つけないといけません。

1日でも早く薬剤師を探さないと経営が成り立たなくなってしまいます。

薬局側は急いで薬剤師の確保をしなければけないので、高い紹介手数料を支払ってもファルマスタッフを利用するのです。

ファルマスタッフ以外の薬剤師転職サイトの紹介手数料について調査!

サービス名紹介手数料詳細
ファルマスタッフかからない
マイナビ薬剤師かからないマイナビ薬剤師の紹介手数料についての詳細
リクナビ薬剤師かからないリクナビ薬剤師の紹介手数料についての詳細
薬キャリかからない薬キャリの紹介手数料についての詳細
ジョブデポ薬剤師かからないジョブデポ薬剤師の紹介手数料についての詳細
お仕事ラボかからないお仕事ラボの紹介手数料についての詳細
アプロ・ドットコムかからないアプロ・ドットコムの紹介手数料についての詳細

まとめ:ファルマスタッフは紹介手数料が無料!転職するときは上手に活用しよう

今回の記事のまとめですが、転職を希望する薬剤師側には紹介手数料は一切かかりません。

そのため、転職をしたいと思ったら迷わずファルマスタッフなどの転職サイトに登録しましょう。

転職するときは業界のいろいろな情報を知っておく必要があります。
専任のコンサルタントがついてくれるので、あなたにあっている職場を一緒に見つけてくれるのです。

「高収入」や「有給が取りやすい職場」など条件のよい職場に転職できるので、ぜひ相談してみてくださいね。

\好条件の職場が見つかる/

>>ファルマスタッフの口コミや評判を詳しく知りたい方はこちら

ファルマスタッフは紹介手数料はかかる?薬剤師と薬局側での違いを解説!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる