薬局の人間関係がしんどい時は転職するべき?つらいと感じる5つの理由と改善方法を紹介!

【もう最悪】薬局の人間関係がしんどいと感じる5つの理由と改善方法を紹介!
  • URLをコピーしました!

「人間関係がつらくて薬局に行きたくない」

「薬剤師と事務の関係が最悪」

このようにつらい思いをしていませんか?

薬局で働いていると、人間関係がギスギスしたり、雰囲気が最悪で出勤するのが嫌になってしまいますよね。

では薬局の人間関係が悪くなってしまったら転職したほうがいいのでしょうか?
それとも何とか人間関係を改善するべき?

そこで今回は

記事の内容
  • 薬局の人間関係の現状
  • 薬局の人間関係がしんどい5つの理由
  • 薬局の人間関係が悪くてしんどい場合の5つ対処法

について詳しく解説します。

この記事を読めば薬局で人間関係で悩むことがなくなり、楽しく仕事ができるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

今の会社に長くいるメリットを感じていないなら、
さっさと転職してしまったほうが時間の無駄になりませんよ。

はじめて相談するなら、ファルマスタッフがおすすめ!

求人数や実績が多いので安心です。

目次

薬局の人間関係がしんどい状況はどんどん悪化している

薬局の人間関係がよくないところは決して少なくありません。

近年はさらにその”しんどい”状況が悪化してきています。

その理由は大きく2つあるでしょう。

・薬剤師業務がどんどん増えている
・かかりつけ薬剤師制度により店舗間の異動が減った

薬剤師はこれまで、調剤を中心とした対物業務をメインに仕事をしてきました。

しかし、ここ数年で薬剤師の業務のあり方が変わり、対人業務を中心とする仕事にシフトしているのです。

その影響で、在宅業務や投薬後の患者フォロー、残薬の調整、処方医への情報提供などさまざまな業務をしなければいけなくなりました。

今までの業務が減ったわけではないので、薬剤師はとても忙しくなり、ピリピリしやすい状況にあります。

また、かかりつけ薬剤師の制度や地域支援体制加算ができたため、同じ薬局に勤務しつづける必要もでてきました。

今までは、定期的にスタッフの異動や交換してスタッフを循環させることができていたのですが、それが出来にくくなってしまったのです。

そのため、何か人間関係のトラブルが起きたときに対応しきれずに、どんどん悪化してしまう現状があります。

薬局の人間関係がしんどい時でもすぐに転職するべきではない

上記のように、薬局の人間関係が悪くてしんどいと思うことはあるでしょう。

しかし、簡単に転職するのはおすすめできません。

なぜなら、あなたの人間としての評価を落としかねないからです。

嫌なことから目を背けてすぐに転職してしまう薬剤師さんは多いですが、簡単にすぐ退職するのは辞めておきましょう。

その前に、自分ができることはないかをしっかり考える事が重要です。

  • 自分が変われないか
  • 上司や部下の目線で考えてみたらどうか
  • 自己満足なことをしていないか
  • 他人を思いやる気持ちはあるのか

このように、社会人として自分は本当に問題ないのかを見つめ直すことが必要です。

可能なら、他の人に相談やアドバイスをもらうのも良いでしょう。

自分にはまったく非がない、これ以上頑張ることはできないという場合にはじめて転職を視野にいれるべきです。

人間関係がしんどくて転職を決断しても、絶対に人や会社の悪口を言わないように注意しましょう。

薬剤師が転職を考えるなら「ファルマスタッフ」にこっそり相談しましょう。

転職のプロなので事前にリサーチしたうえで、あなたにピッタリの職場を紹介してくれます。

事務さんが薬局に人間関係がしんどいときには

薬局の人間関係がしんどい5つの理由

薬局の人間関係で悩んでいる人は本当に多いですよね。

薬局の仕事は忙しくて神経を使う仕事が多いので、ピリピリするのも仕方ありません。

ここでは、薬局の人間関係はしんどいと感じる5つの理由について紹介します。

薬局は狭い空間で一緒にいる時間が長い

薬局はそれほど広くない空間に、薬剤師と事務が一緒に仕事をしています。

少ない薬局だと薬剤師1名、事務1名、規模が大きい薬局の場合だと薬剤師約10名、事務5〜6名といったところでしょう。
大手チェーンの薬局でなければ、スタッフの入れ替えはほどんどありません。

業務時間内(約8時間)は、常に同じスタッフとやり取りすることになるのです。万が一、スタッフとの相性が悪かったり、雰囲気を壊す薬剤師がいると人間関係はしんどいものとなってしまうでしょう。

薬局長や先輩薬剤師からいじめにあう

薬局長や先輩薬剤師から嫌がらせやいじめもことも、しんどいと感じてしまいます。

そのいじめや嫌がらせをされる理由はいくつかあります。

・仕事を覚えるスピードが遅い
・薬局長や先輩薬剤師が求めているレベルが高すぎる
・先輩薬剤師がマウントを取りたがる
・誰かをターゲットにすることで結束力を高めようとする

あなたに原因がある場合は、素直に受けとめて改善していくしかありません。

しかし、仕事のハードルが高すぎる、もしくは、単なる嫌がらせで薬局に行くのがしんどいと感じてしまいます。

上司が怖くて出勤できない、退職の意向を切り出せないという方は「【最新版】薬剤師におすすめ退職代行サービス8選!2022年版」という記事も参考にしてみてください。

スタッフの性格が超悪い

薬局には高確率で性格の悪いスタッフが存在します。

それは薬剤師だけでなく、事務の場合もあります。

・影でコソコソ悪口を言う
・上司に悪い評判(仕事ができないなど)を吹き付ける
・話しかけけも返事をしない

事務と薬剤師の仲が悪い

事務と薬剤師の仲が悪い薬局は最悪ですよね。結構、そのような薬局が多いです。

薬剤師側が事務の方を下に見たり、お互いの業務内容を理解し合わないのが原因です。

業務内容は違いますが、それぞれの仕事があって薬局は成り立っているのです。

お互いの仕事を尊重しあわないと薬剤師と事務の仲がどんどん悪化して、薬局に行くのがしんどくなってきます。

忙しすぎてピリピリしている

忙しい店舗だと、薬局内が常にピリピリして雰囲気が悪くなってしまいます。

外来の患者さんの数に対して薬剤師が圧倒的にたりないと、みんながイライラしてきます。

ちょっとしたことでも、冷たく対応されたり、理不尽な文句を言われたりする場合もあるのです。

業務改善を試みて少し余力を残すとか、人員を手厚くしてもらう、機械を導入するなど対策は考えたいものです。

薬局の人間関係を改善する7つのポイント

薬局の人間関係を改善するためにはいくつかポイントがあります。

知っておくだけで心の余裕が生まれて人に優しくできるようになるでしょう。

7つのポイントについて下記で紹介していきます。

相手をねぎらう・感謝する

人間関係を良くするためには、相手をねぎらう、感謝するといった行動が効果的です。

だれでも、自分がしたことに感謝されたり、大変だったねと声をかけてくれたら嬉しいですよね。

普段から、そのように声を掛け合っていると相手のことを嫌いになるということが少なくなります。

また、自分自身も相手のことを気遣うようになってくるでしょう。

そうすることで、自然と薬局の人間関係が改善していくのです。まずは自分から相手に労いの言葉をかけてみましょう。

コミュニケーションを円滑にする

コミュニケーションは薬局の円滑にするためには必要なことです。

ささいなことでもコミュニケーションをとっておくことで、トラブルがあったときなど薬局内で喧嘩したり揉めることは少なくなります。

うまく意思疎通がとれていないと「なんであんな行動をしたんだろう』「勝手なことばかりするからこんな問題が起きるんだ」などとスタッフ間で不穏な空気が流れてしまうのです。

普段から、きちんと挨拶したり、雑談をするなどコミュニケーションはとっておきましょう。

自分と相手の能力を比較しない

人間関係が悪くなるのは、自分と相手を比較してしまうからです。

自分の感覚や常識は、他の人と同じとは限らないですよね。

だから、相手と比較して物事を考えるとトラブルの元になってしまうのです。

・投薬のスピードと質
・薬歴の書き方、速度
・在庫管理
・患者対応

それぞれ得意不得意があるのは仕方ありません。

相手が自分よりもできないとイライラしたり、当たってしまうこともあるのです。

しかし、相手も同じことを思っている可能性があるので注意が必要です。

多少、イライラする部分があっても能力を比較せず、お互いさまだと思って広い気持ちで接するようにしましょう。

ストレス発散する

薬局の人間関係を良くするためにはストレスをなくすることも大切です。

ストレスをいつも抱えていると、相手にも伝わってしまいます。

・なんか機嫌が悪そうだから話しかけないでおこう
・いつもイライラしているから雰囲気が悪い

このように思われてしまうのです。

薬局内では常に、笑顔でいられるようにストレス発散しておくことが大切です。

趣味に没頭したり、スポーツなどで汗をかいてみてはいかがでしぃうか。

上司や社長に相談する

人間関係が悪い、薬局の雰囲気が最悪な場合は、上司や社長に相談しましょう。

一度こじれてしまった人間関係は、簡単には修復できません。しかし、立場が上の人から注意されると状況がすこし良くなる場合があるからです。

また、人事権も上司や社長がもっているので、店舗異動などで対応してくれることもあるでしょう。

同じ店舗にずっと同じスタッフがいると、仲が悪くなることもあるので、定期的に人材を回すことも必要なのです。

仕事と割り切る

薬局の人間関係がしんどいときは、仕事と割り切ってしまうとよいでしょう。

相手がどんな人間であろうと、関わるのは業務時間だけです。

割り切って仕事をしてしまえば、意外と気にならなくなってきます。

仕事が終わったらさっさと帰宅して、趣味に没頭したり、好きな映画をを見たりして気分転換しましょう。

仕事と割り切って、副業に専念するのもかなり効果があります。

▼副業を始めてみたい方はこちら▼

薬局の人間関係が悪い事のデメリットは3つ

人間関係が悪い状態が続くと悪影響が出てきてしまいます。

人間関係が悪い事のデメリットについておさらいしておきましょう。

自分の評価が下がる可能性がある

人間関係が悪いと、自分の評価が下がってしまいまねません。

自分が特に悪いことをしていなくても、スタッフの思い込みや意地悪などで上司などに変な噂などを吹き込まれてしまう可能性があるからです。また、管理薬剤師などの場合は、スタッフをまとめる能力がないと判断されてしまいます。

自分の評価が下がって「給料が上がらない」「転勤や異動を命じられる」などがあったら最悪ですよね。

心と体に悪影響を及ぼす

人間関係が悪いまま放置すると、心と体が徐々に病んできます。

毎朝、出勤するときにお腹が痛い、体がだるい、やる気が起きないなどの異変を感じたら既に手遅れ状態です。

そのままにしていると、うつ病の原因になってしまうのです。一度うつ病になってしまうと、社会復帰や回復するまでにかなりの時間を要することもあるのです。

人間関係でしんどいと感じたら、早めに対策をとるように心がけましょう。

どうにもできない場合は、転職してしまうのも逃げではありません。

会社の業績が下がる

薬局の人間関係が悪いと、会社の業績が下がってしまいます。

ギスギスした状態で仕事をしていると、生産性が落ちて本来のパフォーマンスを発揮できません。

調剤過誤などミスを起こしやすい状態になってしまうのです。

また、薬局の雰囲気が悪いと患者さんにも伝わってしまい、結果的に再来局してくれなくなるでしょう。

結果的に患者数が減ってしまうため、会社の業績は徐々に悪化していきます。

【雰囲気が最悪】薬局の人間関係が改善しないときの3つ対処法(最終手段)

薬局の人間関係が最悪でしんどくて大変…。自分で改善しようと思ったけどもう限界という時は、最終手段を使うしかありません。

精神的に病んでしまう前に対処しておきましょう。

具体的な方法は以下の3つです。

問題のある人に異動してもらう

人間関係が悪いときは、必ず内部に問題のある人がいます。

その人に異動してもらうと、薬局内の雰囲気が劇的に改善します。

上司や社長に正直に相談してみましょう。

社長や上司も会社の業績を悪化させたくないので、きちんとした理由があれば対応してくれます。

自分がほかの店舗などに異動する

人間関係はしんどいと感じたら、自分からほかの店舗に異動願いを提出してみましょう。

雰囲気の悪い薬局に長く留まっていても良いことはありません。

上司や社長に相談する時にポイントが1つあります。

決して、人間関係が悪いからという理由にしないこと

異動の理由を聞かれたときは「スキルアップのために他の店舗で経験を積みたい」「いろんな診療科の勉強をしたい」など前向きな理由にするのがポイントです。

思い切って転職する

薬局がしんどいときは、思い切って転職することも視野に入れましょう。

単に、忙しすぎて自分に余裕がない、スキルと経験が足りないから怒られたり、嫌がらせにあっている場合もあるからです。

比較的業務が楽な薬局に転職すれば、人間関係も1からやり直せるし、心にも余裕ができます。

環境のよい職場は探せばいくらでもあるので、薬剤師の転職サイトなどを上手に活用して好条件の薬局にサクッと移動してしまいましょう。

まとめ:人間関係が最悪でしんどいならほかの薬局にも目を向けてみよう!

薬局は限られら狭い空間で、毎日同じスタッフと接することが多い仕事です。

些細なきっかけから人間関係が悪化してしまうこともよくあるのです。

仕事がしんどいのに我慢し続けてうつ病などになってしまったら最悪です。

そうなる前に、早めに対処や決断することも重要です。

どうしても、厳しいならほかの薬局に転職するのも決して悪いことではありませんよ。転職もスキルアップと考えて前向きに決断しましょう。

薬剤師におすすめの転職サイト

【もう最悪】薬局の人間関係がしんどいと感じる5つの理由と改善方法を紹介!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる