【管理薬剤師を辞めたい】薬局長の高い年収を維持する方法〜転職前に確認すべき5つポイント〜

【 必読 】管理薬剤師を辞めたい!辞める前の5つのポイント
  • URLをコピーしました!
    

・管理薬剤師はもう辞めたい
・職場内の人間関係にもう疲れた
・忙しいわりに会社からの評価が低い
・一般薬剤師になって副業した方が稼げるんじゃ?

このように悩んでいませんか?

本記事ではそのような管理薬剤師(薬局長)の悩みを解消します。

「精神的にもう限界…」「こんな会社をやめてやる!」そんなふうに感情的になってしまうこともありまよね。
僕も管理薬剤師を10年以上やっていたのでわかります。

しかし勢いでやめてしまうと、あまり良いことはないですよ。
管理薬剤師を辞める前に、事前にしっかりと準備してからやめましょう。

本記事を最後まで読んでいただければ、管理薬剤師のストレスから開放されて楽しく仕事ができるようになります。

ぜひ最後まで読んでください。

うらたか

管理薬剤師を10年以上やったあとに、フリーランス薬剤師に転向した僕が詳しく解説します!

この記事に書いてあること

✔︎管理薬剤師(薬局長)を辞める前の5つのチェック項目
✔︎管理薬剤師(薬局長)を辞めたい理由とその解決策
✔︎会社に迷惑をかけない理想的な辞めかた
✔︎管理薬剤師(薬局長)を辞めた後にどうするか?

それでは以下で詳しく紹介していきます。

転職を少しでも考えているなら
薬剤師転職エージェントに相談しましょう。

転職をした人の
ほとんどが2〜3社に登録しています。

好条件の求人がなくなってしまう前に
今すぐ登録しておきましょう!3分以内で完了します)

特徴求人数面接同行派遣薬剤師公式サイト

・全国に12ヶ所に拠点
・調剤薬局や派遣に強い
・研修などのサポートが充実
4万件以上ありあり詳細を見る

・面談やヒアリングが丁寧
・求人の幅が広く、業界トップクラス。
・非公開の求人が多い!
5万件以上ありなし詳細を見る

・病院や企業の求人が多い!
・スピーディな対応で早く転職したい人向け。
・エムスりーグループの運営なので安心
4万件以上なしあり詳細を見る

・就職の大手リクルートが運営
・キャリアアドバーザーのレベルが高い。
・高収入の求人が多数。
※非公開求人多い
6万件以上なしなし詳細を見る

・就職後のサポート体勢が万全。
・定着率に定評がある。
・薬局の逆指名もできる!
3万件以上ありあり詳細を見る

「一刻も早く、今の会社をやめて管理薬剤師から降りたい!」
そう思っている人は、まずはファルマスタッフに相談しましょう。
サポート体制も万全なので、安心して転職活動ができますよ。

無料でプロに相談/

目次

管理薬剤師(薬局長)を辞めたいと思ったらすべき5つの行動

管理薬剤師を辞めたいと思ったらすべき5つの行動

管理薬剤師(薬局長)を辞めたいと思ったら、以下の5つのチェックをしましょう。

管理薬剤師を辞める前にすべき5つの項目!

・なぜ管理薬剤師を辞めたいのかを明確にする
・辞める前に具体的な解決策を考える
・仲間や上司などに相談する
・退職時期を就業規則で確認する
・薬剤師転職サイトに登録しておく

管理薬剤師は会社にとっては大事な存在です。

「辞めます」と言ってもかんたんに辞めされてもらえないでしょう。

退職に向けてしっかりと準備をしてから、辞める意向を伝えるべきです。

以下でそれぞれを詳しく見ていきます。

管理薬剤師(薬局長)をなぜ辞めたいのかを明確にする

管理薬剤師をなぜ辞めたいのかを明確にする

今の職場を辞める前に、なぜ管理薬剤師を辞めたくなったのかを整理しましょう。

管理薬剤師を辞めたい理由はなんでしょうか。

毎日が忙しい
評価してくれない
人間関係が面倒

そんな理由が大きいかもしれません。
それは一般の薬剤師も同じことです。

管理薬剤師を辞めたい理由を明確にしないまま一般薬剤師になるとまた同じことになるので、きちんと管理薬剤師を辞めたい理由を明確にしておきましょう。

管理薬剤師(薬局長)を辞める前に具体的な解決策を考える

辞める前に具体的な解決策を考える

管理薬剤師を辞めたい理由がはっきりしているなら、まずはその問題点を解決する方法についてしっかり考えましょう。

問題が解決すれば、管理薬剤師を辞めなくても済むかもしれません。

自分の考えはいったん横において、客観的になって考え直してみる必要があります。

管理薬剤師は意外と頑固な面もあるので、一般薬剤師の視点に戻って解決策を考えてみましょう。

友達や上司に相談にする

友達や上司に相談したか?

管理薬剤師(薬局長)を辞めるまえに、必ず友達や上司などに相談しましょう。

管理薬剤師は薬局内に相談できる人があまりいません。

ひとりで考えても答えがまとまらない事もあるし、考えが偏ってしまう可能性があります。

・一般薬剤師の目線
・管理薬剤師の目線
・上司の目線
・経営者の目線


いろんな視点からのアドバイスをもらいましょう。

もし自分の会社の上司には相談しにくいときは、他の会社(薬局)に勤めている上層部の人でも構いません。

ほかの人の話を聞くと自分の考えと違った意見をもらえます。

思い切って友人や上司などに相談した方が解決の糸口がみえるでしょう。

退職時期を就業規則などで確認しておく

退職時期を就業規則などで確認しておく

本気で退職を考えているなら、きちんと就業規則などを確認しくことが大切です。

管理薬剤師は会社にとってかなり重要なポジションです。

引き留めにあったり、退職自体を拒否されたりと、簡単に辞めることはできないでしょう。

・かかりつけ薬剤師
・在宅患者
・地域体制加算
・健康サポート薬局

薬局にはこれらのような要件があり、管理薬剤師はすぐに交代させてもらえません。

辞めるまでの下準備として最低半年、できれば1年くらい前から準備しておきたいものです。

管理薬剤師(薬局長)の退職時期については、就業規則などでしっかり確認して静かに準備を始めましょう。

どうしても辞めさせてもらえない、やめると言えないという方は退職代行がおすすめです。
円満に退社するためのサポートをしてくれるので、心強い味方になってくれるでしょう。

薬剤師転職サイトに登録しておく

転職サイトのチェック

管理薬剤師(薬局長)を辞める決意ができているなら、早い段階で転職サイトに登録しましょう。

早めに登録をして、じっくりと自分にあった職場を探しておいたほうが得策です。

うらたか

薬剤師転職の専門家に相談した方が、結果的に早く辞めることができますよ!

担当者との相性もあるので2〜3社に登録しておくのがベスです。

かならず登録しておきたい薬剤師転職エージェントは下記の3つ。

どのサイトも3分以内で無料で登録できるので、今のうちの登録だけ済ませてしまいましょう。

おすすめ薬剤師転職エージェント

▶求人数と転職の実績は業界トップクラス!

大手調剤薬局グループだから情報量は圧倒的

▶すぐ転職したい方向け!スピード転職が可能

管理薬剤師を辞めて普通の薬剤師になる場合は、年収がダウンする可能性が高いです。

しかし薬剤師の転職サイトに登録して専門家にじっくりと相談しましょう。
エージェントをうまく活用すれば、年収を維持できる可能性が高くなります。

▼転職サイトを使う必要ある?と思う人はこちらも▼

管理薬剤師(薬局長)を辞めたい5つ理由とその解決策について解説

管理薬剤師を辞めたい5つ理由とその解決策について解説

管理薬剤師(薬局長)はとても忙しく責任感のある大変な仕事です。

そんな管理薬剤師を辞めたいと思うのは、以下のような理由があげられます。

管理薬剤師を辞めたい5つの理由!

・日々の業務が忙しい
・職場内の人間関係の調整に疲れた
・管理薬剤師というプレッシャーがつらい
・部下と上司の間に挟まれるのが辛くなった
・頑張っているわりには会社から評価されない

このような理由で管理薬剤師を辞めたいと思ってしまうのです。

上記の理由に対してきちんと改善をしていけば、このまま管理薬剤師として頑張れる可能性もあります。

管理薬剤師(薬局長)を辞めたいと思う理由について、詳しくみていきましょう。

管理薬剤師(薬局長)を辞めたいと思う理由と解決策①:日々の業務が忙しい

管理薬剤師を辞めたいと思う理由と解決策①:日々の業務が忙しい

管理薬剤師は日々業務に追われて、とても忙しいので疲弊しています。

管理薬剤師は日々の調剤業務の他に、たくさんの業務をしなければいけませんよね。

例えば以下のような業務があります。

・薬の在庫管理
・本部への書類の提出
・麻薬の管理
・薬剤師会関係の仕事
・シフトの調整
・MRや卸担当者の対応 などなど

通常業務をこなしながら、管理業務もしないといけないのでとても大変です。

調剤をしないで上記のような管理薬剤師の仕事をばかりをやっていると、薬局の職員からの不満が聞こえてきます。

管理薬剤師は薬局の管理業務と現場の仕事のバランスをとるのが、とても難しいのです。

一番よい方法は職場のスタッフに日頃から感謝の気持ちを伝えることでしょう。

うらたか

たまにはスタッフに差し入れをして労ってあげましょう!
自分への風当たりが少し弱くなりますよ!

日常の業務の忙しさは、周りのスタッフを巻き込んで仕事を手伝ってもらったり、理解してもらうことが大切です。

管理薬剤師(薬局長)を辞めたいと思う理由と解決策②:職場内の人間関係に疲れた

管理薬剤師を辞めたいと思う理由と解決策②:職場内の人間関係に疲れた

管理薬剤師をしていると、職場内の人間関係に疲れてしまうことがあります。

職場の人間関係をよくするためには。管理薬剤師の権限をフルで活用してしまいましょう。

私も何度も経験していますが、一度こじれた人間関係は修復するのはほぼ不可能です。

コミュニケーションが円滑に取れなくなった職場は、薬局内の雰囲気が悪くて業務に支障をきたしてしまいます。

うらたか

ひとりで問題を抱えないようにしましょう。
我慢せず上司や社長などに相談してください。

人事異動をお願いして、お互いにとって良い店舗で働ける環境になるように調整しましょう。

薬局の雰囲気が悪くて一番迷惑がかかるのは患者さんです。

患者さんは薬局内の雰囲気に敏感です。

最悪、次回から来局してくれないかもしれません。

管理薬剤師(薬局長)を辞めたいと思う理由と解決策③:管理薬剤師というプレッシャーがきつい

管理薬剤師を辞めたいと思う理由と解決策③:管理薬剤師というプレッシャーがきつい

管理薬剤師になると薬局自体の責任、患者さんとのトラブル時の責任など様々なプレッシャーがのしかかってきます。

しかし管理薬剤師(薬局長)としてのプレッシャーはあまり気にする必要はありません。

普段、真面目に業務をこなしていれば、あなたにだけに責任を負わせられることはまずありません

・不正請求をした
・薬局の薬を盗んだ
・薬局の薬を転売した
・他人に処方せんなしに薬を譲渡した
・わざと患者の健康に被害のあるようなことをした

うらたか

故意に悪質なことをしたり、ミスや失敗を隠蔽するような管理薬剤師はいないですよね。

トラブルが起きたとき、きちんと誠実な態度で向き合えば大抵のことは大きな問題になりません。

そのため、あまり管理薬剤師のプレッシャーを感じる必要ないでしょう。

    

でももうこれ以上、責任の重圧に耐えられないです。

性格的にその重圧に耐えられない人もいますよね。

そんなときは無理に管理薬剤師を続けるのはよくありません。

」や「」なら、年収をあまり落とさずに今よりも良い条件で働ける会社を提案してくれます。

まだ登録を済ませていないなら、話だけでも聞いてみましょう。

おすすめ薬剤師転職エージェント

▶求人数と転職の実績は業界トップクラス!

大手調剤薬局グループだから情報量は圧倒的

▶すぐ転職したい方向け!スピード転職が可能

管理薬剤師(薬局長)を辞めたいと思う理由と解決策④:部下と上司の間に挟まれるのがツライ

管理薬剤師を辞めたいと思う理由と解決策④:部下と上司の間に挟まれるのがツライ

管理薬剤師(薬局長)は、部下と上司(経営陣)とのあいだに挟まれてツライです。

職場の仲間や部下からいろいろと会社の文句を言われ、上司からも薬の在庫のことや診療報酬の算定の件でノルマを科されたりして板挟みになります。

結構ストレスが溜まりますよね。

うらたか

思いっきりどちらかに考えを方を寄せてしまった方が気持ちが楽ですよ!

上司に認められて昇進したいなら上司側の視点に立って、仕事を楽しくやりたいなら職員側に寄って仕事をした方が楽になります。

管理薬剤師(薬局長)を辞めたいと思う理由と解決策⑤:頑張っている割には会社から評価されない

管理薬剤師を辞めたいと思う理由と解決策④:部下と上司の間に挟まれるのがツライ

管理薬剤師をやっていて一番辛いのが、頑張っているのに評価されないことです。

会社のために仕事を頑張るのを辞めましょう!

・遅くまで仕事しても残業代はつかない
・残業を減らせと上司から言われる

会社から評価されないとモチベーションがどんどん下がっていきますよね。

会社や上司から評価をもらうために頑張ってはいけません。

うらたか

上司から褒められたくて仕事するのは良くないですよ!

社会のため、患者さんのため、そして何より自分のために働いていることを意識すれば気持ちが和らぎます。

社長や上司と意見が合わななら、その薬局で長く続けるのは困難です。

薬局の雰囲気が悪くなって患者さんにも「この薬局空気が悪いな」という空気が伝わってしまいます。

うらたか

患者さんからクレームが来たり、業績が下がったりして悪循環となってしまいます。

状況はさらに悪化してしまい、あなたの評価はガタ落ちです。
早めに転職した方がよいかもしれません。

薬剤師転職のプロであるにファルマスタッフに相談して、経営陣と考えが合いそうな薬局を探してもらいましょう。登録すれば親身になって相談に乗ってくれます。

\ 高年収の職場が見つかる/

管理薬剤師(薬局長)を辞めたあとの3つの選択肢

管理薬剤師を辞めたあとはどうする?

管理薬剤師(薬局長)を辞める理想的な方法は以下の通り

1.いま会社にとどまる
2.ほかの薬局に転職する
3.フリーランス薬剤師になる

3つのパターンで分けて考えます。

いまの会社にとどまる

いまの会社にとどまったまま管理薬剤師を辞めたい場合は、上手に言い訳を作ってしまった方が早いでしょう。

・親の介護で時間的にツライ
・共働きで子供の世話などが大変
・体調がよくないので仕事を減らしたい

こんな感じで遠回しに管理薬剤師(薬局長)を断れば、社内的な評価ダウンはいくらは防ぐことができます。

感情的に「もう管理薬剤師はできません!」っていうのはあまりおすすめしません。

なぜなら、会社に説得されたり、なだめられて終わるからです。

それよりは「やりたいけど、これ以上管理薬剤師を続けるのは難しい」という理由を作っておいた方が理解してもらいやすいでしょう。

ほかの薬局に転職する

管理薬剤師を辞めるなら、退職してほかの薬局に転職したほうが精神的・金銭的におすすめです。

管理薬剤師(薬局長)は代わりの人を見つけるまでに時間がかかるので、余裕を持って辞める意向を伝えましょう。

うらたか

6ヶ月〜1年くらい前に退職の意向を伝えるのが理想的です

ほかの薬局に転職しても、管理薬剤師経験者ということで高く評価されることが多いです。

管理薬剤師歴があるので、転職サイトの担当者にうまく交渉してもらえば大幅な給与ダウンは避けられます

会社に退職の意向を伝えると同時に、就職活動を少しずつはじめて行くのがベストです。

【 厳選 】現役の薬剤師が選んだ薬剤師転職サイトおすすめ8選!を参考にしてください。

フリーランス薬剤師になる

正社員を離れてフリーランス薬剤師になるという選択肢もあります。
管理薬剤師(薬局長)として頑張ってきて心身ともに疲れきってしまったかもしれません。

いったん薬剤師を辞めてゆっくりしたい、そのように思う方も多いでしょう。

うらたか

実は僕もそんな感じでした。

フリーランス薬剤師になれば、自分の時間で自由な働き方をできるのでリフレッシュできます。
フリーランス薬剤師とは?新しい働き方について解説!」に詳しいことが書いてありますのでご覧ください。

フリーランスになるなら「きょうりょく薬剤師」というマッチングエージェントがおすすめです。
無料で登録や相談ができるので、気になる方は相談してみてはいかがでしょうか。

フリーランス薬剤師にいきなりなるのは不安という方は派遣薬剤師をやってみるがおすすめです。

いきなりフリーランス薬剤師はリスクがあります。
まずは派遣薬剤師を試して実際にどんな感じなのかを確認してからでも遅くありません。

管理薬剤師(薬局長)はやりたくない!無理にやらされているときの対処法

管理薬剤師を無理にやらされているときの対処法

管理薬剤師なんかやりたくないのに、会社に頼まれて無理やりやらされている人も多いでしょう。

・人員不足で適任者がいない
・1人薬剤師の店舗

まだ薬剤師になって経験も浅いのに、急にお願いされることも少なくありません。

スキルアップのために引き受ける人も多いですが、不安は常にあります。

管理薬剤師(薬局長)をしばらくやってみたけど、やっぱり責任やプレッシャーがキツイと感じることもあるでしょう。

うらたか

そんなときは、無理せずに正直な気持ちを伝えましょう。

会社に「無理だ」「他に適任者がいない」など言われてしまったら、退職を検討しましょう。

そんな無責任な会社に勤めていても、今後良いことがあるとは思えません
さらに無理な要求を突きつけてくる可能性もあります。

そうなる前に早めに転職エージェントに相談して、さっさと良い会社に転職しましょう。

に相談すれば、管理薬剤師から一般薬剤師になっても年収が据え置きにできる可能性があります。まずは転職のプロに相談して交渉してもらうことをおすすめします。

管理薬剤師(薬局長)に魅力はない!?一般薬剤師との違いは大きく3つ

管理薬剤師に魅力はない!?一般薬剤師との違いは大きく3つ

管理薬剤師と一般薬剤師では、以下のような3つの違いがあります。

・管理薬剤師は通常業務の以外に薬局の管理業務がある
・管理薬剤師は手当がでるので給与は高い
・管理薬剤師は副業や兼業が禁止されている

それでは詳しく見ていきましょう。

管理薬剤師(薬局長)は薬局の管理業務がある

管理薬剤師になると通常の調剤や投薬の業務のほかに薬局の管理業務が発生します。

薬局の管理業務もさまざまな仕事がありますが、おもに以下のことをおこないます。

管理薬剤師の管理業務

医薬品の期限や品質、陳列方法などの管理
・医薬品の適正使用のための情報管理
・薬局スタッフのシフト管理
・保健所などの各種の申請や届け出の管理
・薬局スタッフへの教育や円滑に業務をするために人事管理

これらのことをする必要があります。

一般の業務をしながらの作業なので、外来の調剤が終わったあとに残って仕事をすることもしばしばあります。

管理薬剤師(薬局長)は手当がでるので給料が高い

管理薬剤師は管理薬剤師手当という役職手当がもらえるので給料が高いです。

管理薬剤師手当は一般的に3万円〜15万円位が相場となっています。

一般薬剤師と管理薬剤師では年収で100万円程度の差があります。

うらたか

一般薬剤師に比べて年収は高くなる傾向にあります。

管理薬剤師になると仕事は大変ですが一般的には年収が高いです。

管理薬剤師は副業や兼業が禁止されている

管理薬剤師は副業や兼業が禁止されています。

薬局の管理者(第1項の規定により薬局を実地に管理する薬局開設者を含む。次条第1項において同じ。)は、その薬局以外の場所で業として薬局の管理その他薬事に関する実務に従事する者であつてはならない。ただし、その薬局の所在地の都道府県知事の許可を受けたときは、この限りでない。

医薬品医療機器等法 第7条3より

このように管理薬剤師は自身が勤めている薬局以外の場所で薬事に関わる仕事をしてはいけないことになっています。

つまり、ほかの薬局で薬剤師として副業をしたり、ほかの店舗にヘルプで入ることもできません。

管理薬剤師は自分の店舗に縛られてしまうということになります。

一般薬剤師の方が収入が高くなることも!?

一般薬剤師の方が収入が高くなることも!?

一般薬剤師の方が収入が高くなることがあります。

その理由は管理薬剤師(薬局長)はほかの薬局で副業やアルバイトができないからです。

一般的に管理薬剤師は役職手当をもらっているので会社からの給料は一般の薬剤師よりも高いです。

しかし管理薬剤師はほかの薬事に従事することはできません。

うらたか

管理薬剤師は基本的に残業代もつかないです

もし一般薬剤師になった場合、「残業代+バイト代」などで管理薬剤師より収入が増える可能性があります。

しかも一般薬剤師になれば管理薬剤師の責任やプレッシャーからも逃れられます。

うらたか

どちらの方が自分にあっているのか、将来のことも見据えてしっかり考えましょう。

一般薬剤師になってたくさん稼ぐというのも考え方もあります。

おすすめ薬剤師転職エージェント

▶求人数と転職の実績は業界トップクラス!

大手調剤薬局グループだから情報量は圧倒的

▶すぐ転職したい方向け!スピード転職が可能

まとめ:管理薬剤師(薬局長)に固執する必要はない!辞めても高収入を維持する方法は他にもある

まとめ:管理薬剤師に固執する必要はない!辞めても高収入を維持する方法は他にもある

管理薬剤師を辞めたいと思う理由とその対処法について解説しました。
管理薬剤師は精神的にも肉体的にもかなりハードです。

日々のストレスは相当なものですので、キツイと思ったら一般薬剤師の戻ってみるもの悪くないでしょう。

記事のまとめ

・なぜ管理薬剤師を辞めたいのかを明確にする
・やめるときは半年くらい前から会社に伝える
・一般薬剤師の方が年収を高くすることもできる
・ひとりで悩まずに上司や転職エージェントに相談する

せっかく管理薬剤師を任されるまでになったのですから、あなたの能力は相当高いでしょう。
管理薬剤師として固執しなくても十分にやっていけるだけの力は十分にあります。

あなたがもっと活躍できるところはほかにも必ずあるので、一歩踏み出してみましょう。

本記事はすこしでもお役に立っていただければ幸いです。

\ まずは転職のプロに相談 /

おすすめの薬剤師転職サイト3選

当サイトがオススメする薬剤師転職サイトです。
希望の薬局に転職したいのあれば、薬剤師転職サイトに登録は必須でしょう。

薬剤師が転職する際に90%以上が転職サイトを利用しています。
すべて無料で3分以内に登録で完了するので、登録しておきましょう。

①「ファルマスタッフ 」

ファルマスタッフ の画像

ファルマスタッフは調剤薬局大手の「日本調剤グループ」が運営している薬剤師転職サイトです。

ファルマスタッフ の主な特徴!

・調剤薬局の求人数が圧倒的
・派遣薬剤師の求人数がダントツに多い
・面接の同行なども一緒にしてくれるので安心

②「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師の画像

マイナビ薬剤師は大手のマイナビグループが運営している薬剤師転職サイトです。

マイナビ薬剤師の特徴!

・求人の幅が広く業界トップクラス
・ドラッグストアの求人が多い
・面談やヒアリングが丁寧
・非公開求人が多い(登録が必須)

③「m3.com薬キャリ」

m3.com薬キャリはエムスりーグループが運営している業界最大手の薬剤師転職サイトです。

薬キャリの特徴!

・病院や企業などの案件が多い
・連絡が早いのですぐに転職したい人向け
・子育て中のママの転職もサポート

【 必読 】管理薬剤師を辞めたい!辞める前の5つのポイント

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる