薬局長(管理薬剤師)と合わない!クソ上司から逃れる5つの方法

【最悪】薬局長と合わない時にするべき5つの行動!
  • URLをコピーしました!

「うちの薬局長(管理薬剤師)はマジで性格悪くて最悪・・・」

「薬局長とは意見が噛み合わないし生理的に無理」

と思うことはありませんか?

薬局で楽しく仕事をしようと思っても、薬局長と合わなくてピリピリしたり険悪な空気になってしまって困っていませんか?
解決したくてもどうすればいいのか、迷ってしまいますよね。

では薬局長と合わない時はどうすれば良いのでしょうか?

そこで今回は

記事の内容
  • 薬局長と合わない時にすべき5つの行動
  • 無理に薬局長に合わせなくてもいい理由
  • 最悪な薬局長の特徴

について詳しく解説します。

この記事を読めば、合わない薬局長がいた場合に、どのように行動すれば良いのか理解できます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

転職を少しでも考えているなら
薬剤師転職エージェントに相談しましょう。

転職をした人の
ほとんどが2〜3社に登録しています。

好条件の求人がなくなってしまう前に
今すぐ登録しておきましょう!3分以内で完了します)

特徴求人数面接同行派遣薬剤師公式サイト

・全国に12ヶ所に拠点
・調剤薬局や派遣に強い
・研修などのサポートが充実
4万件以上ありあり詳細を見る

・面談やヒアリングが丁寧
・求人の幅が広く、業界トップクラス。
・非公開の求人が多い!
5万件以上ありなし詳細を見る

・病院や企業の求人が多い!
・スピーディな対応で早く転職したい人向け。
・エムスりーグループの運営なので安心
4万件以上なしあり詳細を見る

・就職の大手リクルートが運営
・キャリアアドバーザーのレベルが高い。
・高収入の求人が多数。
※非公開求人多い
6万件以上なしなし詳細を見る

・就職後のサポート体勢が万全。
・定着率に定評がある。
・薬局の逆指名もできる!
3万件以上ありあり詳細を見る
目次

薬局長と合わないなら無理に合わせる必要はない

結論からいうと、薬局長と合わないなら無理に合わせる必要はありません。

何故なら、人間は簡単に変われないし、相手を変えることができないからです。

それなら、自分と方向性が同じ会社や薬剤師がいる職場で働いた方がストレスもないし、自分自身も輝けます。

・ずっと我慢して働いていた薬剤師が、転職をきっかけにみるみる成長した。
・転職して自分のやりたい仕事をしたら上司に評価された。
・転職したら自分が薬局長になれた。

このように、我慢せずに行動した人が次のステップで活躍できることも多いのです。

そのため無理して薬局長に合わせる必要はないでしょう。

薬局長(管理薬剤師)と合わない時にするべき5つの行動

薬局長(管理薬剤師)と合わないと思ったら早めに行動するのが望ましいでしょう。

いつまでも我慢してもストレスが溜まる一方。
せっかくのチャンスも見逃してしまうかもしれません。

目の前のチャンスを逃さないように、行動したいですよね。
ここでは、薬局長と合わない時にするべき5つの行動について紹介します。

①仕事上の付き合いと割り切る

薬局長と合わないということはよくありますよね。

「薬局を良くしたい」「患者さんのためになることをしたい」と思っても全然話を聞いてくれなくてうんざりすることも少なくありません。

薬局長を説得しようと思っても時間の無駄です。
何故なら、薬局長という生き物はプライドの塊りだから。

部下の言うことをすんなり受け入れてくれるはずはありません。
一回言って聞き入れてもらえないようなら、割り切って仕事しましょう。

仕事上の付き合いなので8時間我慢するだけ。
業務上、必要最低限のことはしっかりやって、さっさと家に帰りましょう。

②怒られない範囲で聞き流す

薬局長と合わないと、こちらも素直に話を聞いたり仕事を受け入れたりできないものです。

薬局長が方向性を決めて行動しようとしても、いまいち応援したくないという気持ちもあるのもわかります。

他の薬局のスタッフとの兼ね合いや温度感にもよりますが、業務上やらなくてもよさそうなものは聞き流してもいいでしょう。

会話なども適度に受け流して、なるべく衝突しないようにしておきましょう。

くれぐれも薬局長と喧嘩や言い合いはしないように注意!
あなたの評価が著しく低下します。

③本部の人や社長に相談する

薬局長と考え方や性格が合わないなら、素直に薬局の本部の人や社長など薬局長よりも上の立場の人に相談しましょう。

薬局長と合わない理由や、業務上の問題などを伝えることで改善される可能性もあります。

第三者からみて、どちらの意見が正しいのかもはっきりさせられるでしょう。

もしかしたら、あなたの考え方が間違っていると言われるかもしれませんが、その時は素直に受け止めた方が社長などからの評価は高くなります。

④他の店舗に異動するもしくは薬局長に異動してもらう

薬局長とどうしても合わないのなら、店舗異動のお願いをするのも有効です。

一緒に働くと、体調や精神的にストレスを溜め込んで体に限界がきてしまいます。
そうなる前に早めに対処しないと後から後悔してしまうでしょう。

うつ病を発症して社会復帰が難しくなる事例も存在します。

これ以上、薬局長と同じ職場で働けないと感じたら、早めに薬局の人事担当の人に相談するのが得策です。

⑤転職する

薬局長と合わない時は、転職するのが確実でしょう。

何故、転職の方が確実かと言うと、その薬局長を採用している薬局に問題がある可能性があるからです。

「考え方がおかしい」「人間的に問題がある」薬剤師を薬局長として業務させていること自体おかしいですよね。
その薬局の体質が、そうさせている可能性が高いのです。

だから薬局長は変わろうとしないし、薬局も良くならないのです。

そんな薬局に勤めているとストレスで体を壊すのは目に見えているので、早めに転職してしまった方は良いでしょう。

薬局は全国に6万件以上もあります。いまの職場よりも給料が高くて待遇のいい職場はいくらでもありますよ。

転職に成功している人の90%は、転職エージェントを利用しています。

おすすめ薬剤師転職エージェント

ファルマスタッフ…調剤薬局への転職なら信頼度抜群!好待遇の案件多い
マイナビ薬剤師…大手の転職サイトなので利用者が多く安心感あり。
薬キャリAgent…転職のスピードには定評があり急いで転職したい人向け

薬局長(管理薬剤師)と合わせなくてもいい3つの理由

合わない薬局長と一緒に働くことになっても、無理なら考え方を合わせる必要はありません。

ただし、業務上で必ずやらなければいけないことは薬局長と合わなくてもやりましょう。
(自分の考え方は変えなくてもいいけど、業務は遂行するという意味です)

それでは以下で、薬局長と考え方を合わせなくてもいい理由を3つ紹介します。

①本当に頭のおかしい薬局長がいる

いろんな薬局を経験するとわかるのですが、本当に考え方のおかしい薬局長は存在します。

本当にこの人が薬局スタッフの上で働いてもいいのか?と思うことがあるのです。

次の章で、詳しく取り上げているのでここでは割愛しますが、自己中心的で自分さえ良ければいいと思っている薬局長もいるのです。

そんな人と考え方が合うはずもありません。
だから無理して合わせる必要はないでしょう。

②薬局長にもいろんな考えの人がいる

薬局長も人間です。
考え方は十人いれば十人とも考えは違いますよね。

ある程度の方向が一緒であれば、歩み寄ることもできますが、全く考え方が違うとようにもできません。

薬剤師A:患者さんのために、服薬後のフォローや地域支援のために活動したい

薬局長:薬局の利益が上がればそれでいい。患者は早く捌いて回転率をあげて欲しい。

このように、どちらも考え方は間違いではありませんが、方向性が違うのでストレスが溜まってしまうのです。

無理に考え方を合わせる必要はないので「薬局長はこんな考え方の人なんだ」と理解するだけで問題ありません。

③他人を変えることはできない

結局のところ、相手を変えようと思っても変えることはできません。

人間はどんなに素晴らしいことを言われたとしても、なかなか変われないものです。

胸に手を当ててみるとわかると思いますが、自分の考えも簡単に変えることはできませんよね。
もしできるなら、薬局長と合わないという問題も解消しているはずですから・・・。

【一緒に働きたくない!】最悪な薬局長の特徴は5つ

一緒に働きたくないと思われる薬局長には共通している特徴がいくつかあります。
以下で一つずつ確認してみましょう。

①パワハラがひどい

薬局長のパワハラで悩んでいる人が多いですよね。

・何かにつけてすぐ怒る
・無理な仕事量を押し付けてくる
・ミスや失敗を部下のせいにする

文句を言いたくても、薬局長が怖いので我慢するしかありません。
そんなつらい思いをするくらいなら、退職した方がいいでしょう。

パワハラがひどくて、退職しますと伝えられない人は退職代行を使ってみてはいかがでしょうか?
あなたに代わって退職の手続きをしてくれるので、有給が残っていれば即日で辞められます。

詳しく知りたい人は下記の記事を参考にしてみてください。

②人の話を聞かない

部下の話を聞き入れてくれない薬局長も最悪です。

自分の考えだけで突き進んでいくので、周りにいる人はとても迷惑です。

③頼りがいがない

薬局長はなんでも知っているスーパーマン(スーパーウーマン)でいて欲しいですよね。

薬のこと、患者さんのこと、調剤報酬のことなど聞けばなんでも答えてくれる存在でいて欲しいです。

何を聞いてもわからないといわれたり、困った時に助けてくれなかったりすると薬局長に正直ついていこうとすら思わなくなってしまいます。

困った時は一緒に悩んだり、解決方法を模索してくれればいいのですが、使えない薬局長はすべて人任せにしてしまうのです。

④社長や本部にペコペコ

最悪な薬局長は社長や本部の偉い人にペコペコしがちです。

部下には偉そうな態度をとっているのに、薬局に突然社長が現れたりして急に態度がかわってしまう薬局長っていますよね。

自分よりも偉い人がくると、声が急に高くなったり、ゴマをすりだしたりするするのです。

正直、人間性と疑ってしまいますよね。

⑤部下を信頼しない

薬局で働いていて、信頼されないのが一番腹が立ちませんか?

薬局長からまったく信頼されないと、やりがいはないし、業務もつまらなくなってしまいます。

自分の存在価値や実績を認めて色々と任せてくれないと、部下も育ちません。
薬局長のほうが仕事ができるからといって、部下を頼りにしないで自分だけ評価されるように働く薬局長は最低です。

まとめ:薬局長と合わないときは、自分が輝ける場所に転職しよう

薬局長と合わない時は無理する必要はありません。
ある程度頑張ってみて無理だと思ったら、誰かに相談したり異動願いを出してみましょう。

精神的に病んでしまう前に行動した方が得策です。

自分と同じ考え方や、方向性で仕事をしている薬剤師はたくさんいます。
そのような薬局で志が同じ薬剤師と一緒に働いた方が、自分も輝けるし楽しく仕事ができるのです。

ほかの薬局で働こうと思うならプロに相談した方が良いでしょう。
今よりも条件がよくてやりがいのある薬局を一緒に探してくれますよ。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

薬剤師におすすめの転職サイト

【最悪】薬局長と合わない時にするべき5つの行動!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる