【のんびり働きたい薬剤師向け】おすすめの薬局と注意すべき3つのポイント

【のんびり働きたい薬剤師向け】おすすめの薬局と注意すべき3つのポイント
  • URLをコピーしました!

「忙しい薬局はもううんざりしている」

「のんびり自分のペースで働きたい」

と思うことはありませんか?

薬局で働こうとしても、忙しい薬局ばかりなので迷ってしまいますよね。

では、薬剤師がのんびり働きたい場合はどのようにすればよいのでしょうか?

そこで今回は

記事の内容
  • 薬剤師がのんびり働ける条件
  • のんびり働きたい薬剤師におすすめの7つの方法
  • のんびり働け

について詳しく解説します。

この記事を読めば、気が楽に、そして自由に働くことが出来るようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

いまの職場に不満を感じているなら我慢する必要はありませんよ。
薬剤師のほとんどが転職を経験しています。
以下の3つに登録しておけば、今より条件の良い職場に転職できます。

調剤薬局に転職するなら
→「ファルマスタッフ」:求人数、サポートともに最高品質
たくさんの求人から選びたい
→「マイナビ薬剤師」:転職の実績は間違いなし
いますぐ転職したい人
→「薬キャリ」:転職のスピードには定評がある

目次

のんびり働ける職場の条件

のんびり働きたいと思っている薬剤師さんも多いですよね。

若いときは第一線でバリバリ働いていたけど、ある程度経験を積んだので「そろそろ楽な仕事に就きたい」そう考える薬剤師は少なくありません。

もしくはプライベートを充実させるために「薬剤師の仕事を最低限にしてのんびり働きたい」という人もいるでしょう。

ここでは、薬剤師がのんびり働くために絶対的に必要な条件を先にお伝えします。

  1. 経営者の考え方がまとも
  2. 薬局内の人間関係が良い
  3. 在宅やお届けがない
  4. 単科のクリニックで一包化が少ない
  5. 定時で帰れる
  6. 管理薬剤師にならない

上記の項目に当てはまっている必要があります。

すべてクリアしている薬局を探すのは難しいですが、4〜5個くらいは達成できている薬局はあるでしょう。

それでは、薬剤師がのんびり働ける薬局の条件について詳しく解説します。

経営者の考え方がまとも

薬局に勤めるときは、経営者の人柄や考え方がとても大事でしょう。

経営者の考え方がまともじゃないと、ストレスが異常にかかるからです。

理不尽は働き方をさせられたり、薬剤師からの相談にもまともに返答できないような経営者では満足に仕事ができません。

薬局でのんびり働きたいなら、ストレスなく円滑に業務をすすめる必要があります。

経営者の考え方や経営方針などが自分にあっている必要があるのです。

薬局内の人間関係が良い

のんびり働きたいなら、薬局内の人間関係はとても大事な要素です。

人間関係が悪くてギスギスしていると、職場に行くのもつらいし時間も長く感じてしまいます。

のんびり働くためには心の余裕が必要です。

そのためには、薬剤師同士や事務さんとの人間関係は良いほうがいいのです。

在宅やお届けがない

在宅の仕事や、薬のお届け業務がないほうが薬剤師はのんびり働けます。

在宅を受けている薬局は、患者さんの時間軸で動くことになるので自分のペースを乱されます。

朝から予定を組んでいたとしても、臨時の薬の配達などで一気に予定は崩されてしまうのです。

自分のペースで仕事をしたい薬剤師にとってはイライラの原因になるででしょう。

のんびり働きたい薬剤師は、在宅や薬のお届けが多い薬局で働いてはいけません。

単科のクリニックや一包化が少ない

のんびり働きたい薬剤師は単科のクリニックの門前がおすすめです。

特に一包化や散剤などが少ない診療科がよいでしょう。

さらに、複数の診療科を受けている薬局だと業務量も多くなるのでおすすめしません。

・薬の種類が多い
・在庫管理が大変
・たくさんに知識が必要

単科であれば、ある程度ワンパターン化された仕事ができるので、業務も楽になります。

のんびり働きたいなら、単科の門前薬局がよいでしょう。

定時で帰れる

薬局の終わりの時間も非常に大切です。

日中どんなに暇だったとしても、帰り間際だけ混雑して30分や1時間も帰れないようだと逆にストレスになります。

それなら、多少忙しくても18時など定時にスパッと帰れる薬局のほうがいいのです。
(本当は日中もあまり忙しくなく、定時で帰れるのが理想ですが…)

診察があまり長引いたりしないDrの門前薬局を探すとよいでしょう。

管理薬剤師にならない

気兼ねなくのんびり働くたいなら管理薬剤師にはならないほうが良いでしょう。

管理薬剤師になると、さまざまな責任がかかるし、在庫管理や提出物など余計な業務が増えるからです。

理想的には薬剤師2名、事務1〜2名くらいの薬局規模がいいでしょう。

万が一、管理薬剤師になったとしても、一人薬剤師の店舗ならほかの薬剤師との人間関係を気にしなくてもいいので楽といえば楽ですよ。

ただし、管理者としての責任は重いので、のんびり働きたいなら一般薬剤師のままの方がいいでしょう。

のんびり働きたい薬剤師におすすめの7つ方法

ここでは、具体的にのんびり働きたい薬剤師におすすめの方法を7つ紹介します。

薬局の選定以外に、薬剤師としての働き方を変える方法もあります。

  1. 大学病院や総合病院の門前は避ける
  2. 地域密着の中小企業に勤める
  3. 在宅のない薬局を選ぶ
  4. 循環器や精神科は避ける
  5. パートや契約社員として働く
  6. 派遣薬剤師として短いスパンで働く
  7. 報酬が高いフリーランス薬剤師になる

このように、のんびり働くためには色々は方法があります。

それでは、順番に見ていきましょう。

大学病院や総合病院の門前は避ける

のんびり働きたい薬剤師は大学病院や総合病院の門前に行くのは避けましょう。

大学病院や総合病院の門前薬局でヒマなところはまずありません。

たくさん薬剤師と事務さんがいて、常に動き回らなければいけない状況が続きます。のんびりと昼食や休憩も取れない薬局もあるでしょう。

シフトで平日休めるとか、土曜日は休みが多いといったメリットはあるかもしれませんが、あまりおすすめしません。

地域密着の中小企業に勤める

のんびり働きたい薬剤師さんは、大手チェーンよりも地域に密着した中小の薬局の方が合っている可能性が高いです。

大手チェーンでも、規模が小さくて働きやすい薬局もありますが、以下のようなデメリットもあるからです。

・店舗異動・転勤の可能性がある
・社内の研修や勉強会がある
・社内ルールが厳しい

大手ならではのやり方に少しストレスに感じてくる薬剤師もいるでしょう。

地域密着の中小企業であれば、いい意味でルーズで働きやすい薬局は数多く存在します。

ただし、中小の薬局は、変な経営者もいるので注意しましょう。

面接の時に経営者と話をすれば、変な経営者ならおおよそ見当はつくはずです。

変な経営者だなと思ったら、その薬局は敬遠しておいたほうがよいでしょう。

在宅のない薬局を選ぶ

上記でも触れましたが、のんびり働きたいなら在宅を積極的にやっている薬局で働くのは控えましょう。

在宅を積極的にやっている薬局で、のんびりすることはまず不可能です。

外来の調剤に加えて、施設や個人宅の薬の調剤、訪問指導、そして報告書業務に追われるからです。

在宅をやっていると、とにかく時間との戦いになります。

常に時間に追われながら仕事をするので、ストレスは大きいでしょう。

循環器や精神科は避ける

のんびり自分のペースで働きたい薬剤師は循環器や精神科の薬局もおすすめしません。

循環器や精神科の薬は、一包化する患者さんが多いからです。

一人の薬を調剤したり、監査するものかなりの時間と労力を要します。

精神科の患者さんの場合は、投薬時にも色々と気を使う場面もあるので大変です。

よほど循環器や精神科の処方が好きな薬剤師でなければ避けたほうが無難です。

パートや契約社員として働く

薬剤師としてのんびり働きたいなら、パートや契約社員になるという選択もあってもよいでしょう。

正社員から外れることで、ある一定程度の責任から外されます。

無理な勤務体系や残業はしなくても良くなるでしょう。

勤務日数や勤務時間も減らせるので、自分に最適なペースでのんびり働くことができます。

派遣薬剤師として短いスパンで働く

のんびり働きたいなら、派遣薬剤師という選択肢もあるでしょう。

派遣薬剤師もパートなどと同様に、勤務時間や日数などをある程度調整できます。

また、派遣薬剤師は働く期間が1クール1ヶ月とか3ヶ月なので、短いスパンで働けます。

派遣薬剤師になりたいならがおすすめ!
圧倒的に派遣薬剤師の求人が多く、実績も多数あります。

働かない期間をあえて作ることで、のんびり過ごす時間を作ることもできるのです。

報酬が高いフリーランス薬剤師になる

派遣薬剤師よりもさらに自由な働き方として、フリーランス薬剤師というのもあります。

フリーランス薬剤師なら、派遣薬剤師よりもさらに時給単価が高いのでメリハリがもっとできるのです。

時給が高いので働く時間をさらに短くできます。

フリーランス薬剤師は自分自身がが経営者となるため、仕事を選べるのも魅力です。

ある程度薬剤師の経験をこなした薬剤師さんは、フリーランス薬剤師という新しい働き方も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

のんびり働きたい薬剤師におすすめの診療科

それでは、のんびり働きたい薬剤師さんにおすすめの診療科を紹介します。

ランキング形式にしてみましたので、これから転職を考えている薬剤師さんは参考にしてみてください。

1位:眼科

眼科の門前薬局はのんびり働きたい薬剤師さんに向いています。

眼科は、目薬が1剤〜2剤だけという患者さんが多いのが特徴です。

処方箋から疾患についても推測しやすく、服薬指導をしやすいでしょう。薬歴を書くのもさほど手間がかかりません。

流行っている眼科さんの門前では多少忙しいと感じることもありますが、業務内容としては圧倒的にほかの診療科よりも楽でしょう。

2位:整形外科

整形外科も処方内容は軽いものが多いので、のんびり働きたい薬剤師に向いているでしょう。

処方内容がワンパターンなので、投薬自体もさほど難しくありません。

年配の患者さんがおおく、整形の患者さんはあまりピリピリしていないので投薬時にも余裕があります。

3位:皮膚科

皮膚科の門前もそれほど忙しくなくのんびり働けるでしょう。

患者さんによっては、軟膏のチューブが1〜2本だけという場合もあります。

ただし、Drによっては大量の軟膏の混合処方や、予製では対応できないイレギュラーな混合などもあります。

また、家族連れや、子供の兄弟など2人、3人組などが続いたときにはバタバタするときもあるので皮膚科の門前は3位という位置づけです。

のんびり働きたい!でもこの3つだけは注意して欲しい

のんびり働きたいと思っていても、注意しなければいけない点があります。

しっかり頭に入れておかないと、あとでこんなはずじゃなかったと後悔してしまうからです。

とくに、以下の3つのポイントは押さえていきましょう。

  1. 患者さんを待たせない
  2. いつまでも同じ給料とは限らない
  3. これから業務が増える可能性がある

薬剤師の取り巻く環境は年々きびしくなっています。

いつまでも、同じような状況でいられるとは限りません。

それでは詳しく見ていきましょう。

患者さんを待たせない

のんびり働きたいと思っていても、患者さんを待たせないようにしましょう。

「のんびり働く」のと「ゆっくり動作する」のでは意味が違います。

患者さんも忙しいことを念頭に入れておきましょう。

患者さんは薬局や薬剤師のことをかなり見ています。動作が緩慢で、トロトロ仕事をしているとクレームの対象となってしまうのです。

クレームが入ってしまったら、あなた自身、そして薬局の評価は下がってしまい薬局の運営に悪影響を及ぼします。

のんびり働きたいと思っている薬剤師さんも、患者さんの前ではテキパキ働きましょう。

いつまでも同じ給料とは限らない

今の段階で、ある程度の給料をもらえてのんびり働ける薬局を見つけたとしても、今後も同じ給料であり続ける保証はありません。

薬剤師の調剤報酬に対する風当たりは年を追うごとに厳しくなっています。さらに、薬剤師業務のあり方について見直しされていく状況は今後も続いていくことが予想されます。

当然、調剤報酬も減ってきているので、今までと同じ業務だけしていたら薬局の売上が落ちて当たりまえです。

必然的に給料にも影響してくるでしょう。

これから業務が増える可能性がある

現在、薬剤師のあり方について議論され、働き方が大きく変化していく可能性が高いです。そのため、薬剤師の業務が増えることが予想されます。

今までは、処方せんによる「調剤→監査→投薬」という流れだったものが、リフィル処方せんなどが本格的に導入されると、業務のルーチンが激変する可能性があるのです。

リフィル処方せんが発行されると、患者さんの来局時にアセスメント(評価)が加わり薬剤師の判断に重く責任がのしかかります。さらに、患者さんに状態によってDrなどにいち早く情報伝達するなど、いままでとは異なった業務が増えてきます。

これからは、投薬後のフォローがますます大事になってくるので、今までのような働き方が通用しなくなる可能性が高いのです。

のんびり働きたい薬剤師のおすすめの転職エージェント3選

のんびり働きたいと思っている薬剤師さんにおすすめの転職エージェントを紹介します。

薬剤師の転職エージェントはたくさんありますが、担当者によって相性が変わるので、1つに絞るのはやめておきましょう。

最低2つのエージェントに相談しておくことをおすすめします。
エージェントには一長一短でそれぞれ特徴はありますが、下記のポイントだけしっかり押さえておきましょう。

求人の案件数や転職の実績が多いエージェントを選ぶ。

当たり前ですが、求人数は多い方が選択しが増えますし、転職の実績が多いほうが薬局の情報をたくさん持っているからです。

おすすめのエージェントは以下の3つです。

おすすめ薬剤師転職エージェント

▶求人数と転職の実績は業界トップクラス!

大手調剤薬局グループだから情報量は圧倒的

▶すぐ転職したい方向け!スピード転職が可能

それでは、それぞれの薬剤師転職エージェントについて1つずつ見ていきましょう。

「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師の画像

マイナビ薬剤師は大手のマイナビグループが運営している薬剤師転職サイトです。

マイナビ薬剤師の特徴!

・求人の幅が広く業界トップクラス
・ドラッグストアの求人が多い
・面談やヒアリングが丁寧
・非公開求人が多い(登録が必須)

「ファルマスタッフ 」

ファルマスタッフ の画像

ファルマスタッフは調剤薬局大手の「日本調剤グループ」が運営している薬剤師転職サイトです。

ファルマスタッフ の主な特徴!

・調剤薬局の求人数が圧倒的
・派遣薬剤師の求人数がダントツに多い
・面接の同行なども一緒にしてくれるので安心

「m3.com薬キャリ」

m3.com薬キャリはエムスりーグループが運営している業界最大手の薬剤師転職サイトです。

薬キャリの特徴!

・病院や企業などの案件が多い
・連絡が早いのですぐに転職したい人向け
・子育て中のママの転職もサポート

まとめ:薬剤師ものんびり働ける職場はまだある!新しい働き方を検討するのもいいかも

いままで一生懸命に働いてきた薬剤師さんにむけて、今後のんびり働きたいならどのようにすればよいのか紹介してきました。

何度もお伝えしていますが、薬剤師業界は変革の時期を迎えています。今までとはまったく違った働き方になる可能性が高いのです。

今までのようにのんびりと働きたいと思っても、良い条件の薬局は限られてくるでしょう。
早めに行動しておいた方がいいかもしれませんね。

記事のまとめ

・のんびり働きたいなら在宅や一包化のない薬局へ
・眼科・整形・皮膚科の門前あたりがおすすめ
・今後も同じ条件で働き続けるのは困難

自分にあった働きやすい職場を見つけるためには、第3者の意見を聞くことも大切でしょう。

薬剤師の転職エージェントを敬遠する人もいますが、彼らは転職のプロです。

真剣に薬剤師のキャリアについて相談に乗ってくれるし、アドバイスもしてくれます。薬局業界について話だけでも聞いてみてもいいでしょう。

また、薬剤師の働き方も大きく変わってきています。フリーランス薬剤師として自由に働く人も増えてきているので、興味のある方は選択肢に入れてみてください。

▼楽な薬局で副業に専念するのもおすすめ▼

▼今の薬局を辞められなくて困っている人は必見▼

薬剤師におすすめの転職サイト

【のんびり働きたい薬剤師向け】おすすめの薬局と注意すべき3つのポイント

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる