薬剤師の「自由な働き方」の詳細はコチラ

ワードプレスが重い(表示が遅い)時の改善方法を5つ教えます(ブログ)

WPが遅い時の対処法を5つ教えます

最近ワードプレスの表示かとても重くなってしまった。少しでも早くなる方法はないかな?

今回はワードプレス(WP)の読み込みが遅くなってしまった方に、私が実際におこなった対処法を5つご紹介します。

本記事は以下の方におすすめです。

  • ブログの表示を高速化したい人
  • ワードプレスの表示が遅くなった(読み込みが重くなった)人
  • pegespeed insightsのスコアが低い人(特にモバイルが50以下の人)

✔本記事の信頼性

筆者が実際に以下の方法を行い、pegespeed insightsのモバイルスコアが47→60まで改善しました。

他のブログに関する記事はこちらを参照してください

【必読】ブログの始め方、初心者はこれだけやれば大丈夫(ブログ)

【ブログ記事の書き方】おすすめのテンプレートで簡単に書けます(ブログ)

目次

ワードプレスの表示が重い(読み込みが遅い)

ブログを書きはじめて3か月目に入ったときにふとあることに気が付きました。

ワードプレスのプレビューを観るときにスマホの読み込みが異常に遅いのです。

その時のツィートです。


原因は何だろう?と思い、いろいろ調べて実際に以下のことを試しました。

  • pagespeed insightsでチェック
  • 画像の圧縮(プラグインの導入など)
  • Cocoonの設定の確認(高速化のチェック)
  • ワードプレスのリビジョン削除する(プラグイン)
  • Xサーバーの設定を確認する(キャッシュを最適化)
  • アフィリエイトのリンクの見直し(貼りすぎていないか?)

まずはpagespeed insightsでスコアをチェック

pagespeed insightsでスピードチェックをする

まずは自分のブログがどのくらいのスピードなのかpagespeed insightsでチェックしてみましょう。

Googleサーチコンソールからもpagespeed insghtsに移動できます。

pagespeed insghtsでチェックをすることで、自分のブログがどのくらい重くなっているのかを数値で確認することができます。

できればモバイルのスコアは80以上、PCは90以上を目指したいところです。

ちなみに今回自分が試した結果はこの通りでした。

pagespeed insightsモバイルスコア

モバイルの数値が47と異常に低くいですね。

モバイルの数値が低いとGoogleからの評価も低くなってしまいSEOの観点からも良くないため、改善を試みました。

ちなみに最適化スコアの評価(0-100)

  • Good・・・スコア80以上は優良。十分に最適化にされています。
  • Medium・・・60~79は普通。まだまだ最適化の余地があります。
  • Low・・・59以下は不良。最適化のために改善することがたくさんあります。

私のサイトは47でしたので最適化するためにたくさん改善する必要がありました。

画像を圧縮して高速化

画像を圧縮して高速化

ワードプレスが重くなる原因1つとなるのが画像ファイルの大きさです。

ブログ初心者はあまり何も考えずにアップロードをしてしまうので、まずは画像ファイルの大きさに注意しましょう。

画像の保存は基本はPNGではなくJPEGにする

画像の保存、アップロードをする際は、PNGではなくJPEGにしましょう。

同じ画像を使用するのでもファイルのサイズが全然違います。

たとえば当ブログのトップページのバーナー

urataka blogバナー

Canvaというサイトで作ったものですが、CanvaのサイトではPNGで保存を推奨しています。

私は何も考えずにCanva推奨のPNGで保存していましたが、ファイルサイズをみて驚きました。

同じ画像でもPNGとJPEGを比較した場合

  • PNGの場合・・・2.78MB(2780KB)
  • JPEGの場合・・・231KB

10倍以上もファイルサイズが違います。

PNGで保存するのみ適してるのは、色数の少ない画像たとえばエクセルの表とかスクリーンショットの画像などです。

状況に応じて使い分けるのが大切です。

初心者は慣れるまではJPEGで問題ありませんが、どちらのファイルサイズが大きいのか判断がつかないと思うのでJPEGとPNG両方のファイルで保存してみて小さいサイズの方を使いましょう。

画像圧縮プラグインを導入してサイズを最適化する

EWWW Image Optimizerという画像圧縮プラグイン(無料)をワードプレスにインストールをして画像を圧縮しました。

やり方はとても簡単です。

ワードプレスのダッシュボード画面の「プラグイン」→「新規追加」とすすみます。

検索画面で「EWWW Image Optimizer」と入力し、プラグインをインストール。

有効化すれば完了です。

画像圧縮プラグイン

ダッシュボードの「メディア」→「一括最適化」をクリックするだけで最適化されていない画像は一括ですべて最適化してくれます。

画像の一括最適化

もちろん画像を1つずつ自分で選んで最適化することもできます。

EWWW Image Optimizerを使用することで10%~20%くらい画像ファイルを最適化することができるのでプラグインを導入してみましょう。

WPのリビジョンの削除

WPのリビジョンを削除

ワードプレスにはリビジョン機能というものが存在します。

リビジョンとは記事を更新などをする際に元の情報を記録してくれる機能で、以前の状態に戻したいときに役に立ちます。

しかし、記事を書いているときに何度も保存や更新をしているとリビジョンがどんどんたまっていきます。

リビジョンがたまるとデータ量がそれだけ増えてしまうので結果、ワードプレスの表示が遅くなるというデメリットがあります。

私は記事を一度公開したあとに、もとの状態に戻すことはあまり考えにくかったのでWP-Optimazeというプラグインを導入しました。

こちらもワードプレスのダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」をすすみ検索画面でWP-Optimazeと入力しインストールをしてください。

WPのリビジョン削除プラグイン

インストールが完了したら有効化にします。

インストールが終了後はダッシュボードにWP-Optimazeという項目が追加されていますので、そこをクリックします。

「すべての投稿リビジョンを削除」すればOKです。これで少し速度が改善します。

Cocoonの高速化の設定を確認する

私はCocoonという無料のテーマを使っていますが、Cocoonには高速化が出来る機能がついています。

Cocoonの高速化の設定を確認する

下記の画像のとおりに各項目にチェックをいれます。

Cocoonの高速化の設定デフォルトではチェックが入っていないのできちんと確認しましょう。

Xサーバーの高速化(キャッシュの最適化)

私はエックスサーバーを使用しています。

エックスサーバーにもキャッシュの最適化という項目があるので確認してみましょう。

・エックスサーバーの「サーバーパネル」

エックスサーバーの高速化の設定

高速化の項目を確認

  • Xアクセラレータ Ver.2 になっているか確認
  • サーバーキャッシュ設定ON → キャッシュの削除
  • ブラウザキャッシュの設定 → ON[全ての静的ファイル]

アフィリエイトのリンクの見直し

アフィリエイトのリンクの見直し

アフィリエイトのリングの貼りすぎもワードプレスの表示が遅くなる原因です。

一度にたくさんのバナー広告を貼っていると読み込みに時間がかかるため、適切なアフィリエイトのバナー広告の数を減らしましょう

アフィリエイトのバナー広告の貼りすぎはサイトの見た目の印象が悪くなり離脱率があがってしまうので、そういった観点からもアフィリエイトのバナー広告の数には注意しましょう。

私の場合は、そんなにアフィリエイトのバナー広告を貼りすぎていなかったのですが、Amazonの商品リンク(テキスト)をたくさん貼っていたのが原因のようでした。

Amazonの商品リンク(テキスト)を貼った記事だけが異常にモバイルからの読み込みが非常に遅くなっていたのです。

Amazonの商品リンク(テキスト)を減らしたら、かなりスピードが改善しました。

なぜAmazonの商品リンク(テキスト)を貼ると遅くなるのかは現在検証中です。

ワードプレスの表示が重い(読み込みが遅い)ときの改善方法(まとめ)

WPの表示が重くなるのを改善する方法(まとめ)

いかがでしたでしょうか?上記の方法で最適化スコアが60まで回復しました。

ワードプレスの表示か遅い時の改善方法についてのまとめ

  • pagespeed insightsで確認
  • 最適化スコアが60以下は要注意
  • 画像は基本はJPEGでOK(画面のスクショなどはPNG)
  • 画像圧縮プラグイン EWWW Image Optimizerの導入
  • WPリビジョンの削除プラグイン WP-Optimazeの導入
  • Cocoonの高速化の各項目に✔が入っているのか確認する
  • アフィリエイトのバナー広告の貼りすぎに注意する(数を減らす)

以上のことを実行したらpagespeed insightsの最適化スコア(モバイル)が60まで回復したのでかなり効果はあったと思います。

ぜひ皆さんもブログのスピードの確認と最適化の対策をしてみましょう。

本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

当サイトはWordPress有料テーマ「SWELL」を使用しています。
テーマ移行を考えているなら初心者の場合はSWELLがオススメです!

【 SWELLはこんなに使いやすい! 】

  • シンプルで飽きのこないデザイン
  • 初心者が使いやすいブロックエディター
  • 吹き出しなどの装飾が簡単!
  • アフィリエイトボタンの設置もラクラク
  • 記事作成の時間が大幅にカット!

\有料テーマで迷っているならコレで決まり!/

WPが遅い時の対処法を5つ教えます

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フリーランス(薬剤師×ブロガー)のうらたかです。|薬剤師歴は20年以上、病院、調剤薬局、在宅薬剤師などを経験|フリーランス薬剤師を軸に薬局・薬剤師についての話や副業(ブログなど)について発信|薬剤師ももっと自由に働いていくことができます|少しでも多くの薬剤師の方に伝えられれば嬉しいです|WEBライターとしても活動していますので、お仕事のご依頼はDMへお願いします。

目次
閉じる