薬剤師の「自由な働き方」の詳細はコチラ

きょうりょく薬剤師は人材確保の新しい選択肢!フリーランス薬剤師を採用すれば薬局経営の切り札に

きょうりょく薬剤師は人材確保の新しい選択肢!フリーランス薬剤師を採用すれば薬局経営の切り札に
この記事でお伝えすること
  • フリーランス薬剤師の採用について
  • フリーランス薬剤師を採用するメリット
  • きょうりょく薬剤師のシステムについて

薬局経営者や人事担当のかたは、フリーランス薬剤師の採用について気になりますよね。

「フリーランス薬剤師と派遣薬剤師って何が違うの?」

「フリーランス薬剤師エージェントのきょうりょく薬剤師とはどんな会社?」

と悩んでいませんか?

この記事では

きょうりょく薬剤師を利用してフリーランス薬剤師を採用する方法についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、フリーランス薬剤師について理解が深まり、上手に採用できるようになります。

これから薬局の人材確保を考えている薬局経営者や人事担当のかたはぜひ読みすすめてください。

目次

フリーランス薬剤師とは?採用するときに気になる7つのポイント

フリーランス薬剤師を採用するといってもわからないことがたくさんあると思います。

そこでまず薬局経営者がフリーランス薬剤師を採用するときに気になることを紹介します。

以下の7つのポイントを抑えておけば大丈夫です。

フリーランス薬剤師を採用するときの7つのポイント!

  1. フリーランス薬剤師は個人で事業を請け負う
  2. マッチングエージェントを利用するのが現実的
  3. 派遣薬剤師とフリーランス薬剤師は全然違う
  4. フリーランス薬剤師と契約するには業務委託契約書が必要
  5. フリーランス薬剤師は高いスキルを持っている
  6. フリーランス薬剤師は労働基準法や就業規則は対象外
  7. 採用時のコストは意外に安い

これらのポイントを押さえておきましょう!

それではひとつずつ紹介していきます。


1.フリーランス薬剤師は個人で事業を請け負う

フリーランス薬剤師は薬局や会社などと雇用契約を結ばずに、個人で業務を請け負っています。

フリーランス薬剤師は個人事業主もしくは個人法人として独立をしているのです。

フリーランス薬剤師の図解
出典:きょうりょく薬剤師公式サイト

フリーランス薬剤師は薬局と直接の雇用契約がなく、業務委託契約によって業務を遂行します。

フリーランス薬剤師は個人事業主なので健康保険や雇用保険、年金などは薬剤師自身で支払うため会社側の負担もありません。

フリーランス薬剤師はとても使い勝手がよく、スポット的な使い方や中〜長期の補充など経営戦略にあわせて利用することが可能です。

2.フリーランス薬剤師を利用するにはマッチングエージェントが便利

フリーランス薬剤師を採用するときはマッチングエージェントを利用するのが便利です。

フリーランス薬剤師は個人で仕事を探しているのではなく、マッチングエージェントに登録していることが多いからです。

薬局側も必要なときにすぐに都合のよいフリーランスの薬剤師を見るけることは難しいでしょう。

うらたか

薬局側も必要なときにすぐに都合のよいフリーランスの薬剤師を見るけることは難しいですよね。

そこで今回おすすめするのが「きょうりょく薬剤師」というフリーランス薬剤師に特化したマッチングエージェントです。

きょうりょく薬剤師はフリーランス薬剤師と薬局をつないでくれるためのサポートをしています。

フリーランス薬剤師を利用するときはこのようなマッチングエージェントを利用するのがもっとも現実的です。

3.派遣薬剤師とフリーランス薬剤師は全然違う

フリーランス薬剤師とよく似た業態で派遣薬剤師がありますが、雇用形態がまったく違います。

この両者の区別がつきにくいので、わかりやすいように下記の表にまとめました。

フリーランス薬剤師と派遣薬剤師のち外

フリーランス薬剤師はあくまでも個人として独立しているため、業務委託契約書にしたがって業務を遂行します。

派遣薬剤師は派遣会社と雇用契約を結んだ社員として働いています。

うらたか

フリーランス薬剤師を採用した場合は、薬局側は雇用保険や社会保険を掛ける必要がありません。

フリーランス薬剤師と派遣薬剤師では業務内容は似ていますが、雇用形態がまったく違うのでうまく使い分けをしましょう。

4.フリーランス薬剤師と契約するには業務委託契約書が必要

フリーランス薬剤師を採用する場合は薬剤師と薬局のあいだに業務委託契約書を交わす必要があります。

フリーランス薬剤師は業務委託契約書に記載してある業務を遂行します。

うらたか

薬局側はフリーランス薬剤師に指揮・命令はできないので業務委託契約書が大事になってきます。

フリーランス薬剤師と契約を交わすときに「どの範囲まで業務をしてくれるか?」「報酬単価はどのくらいなのか?」をあらかじめ決める必要があります。

フリーランス薬剤師を採用するときは業務委託契約が必要なので、専門家であるフリーランス薬剤師マッチングエージェントを利用するのがもっとも現実的です。

フリーランス薬剤師ときょうりょく薬剤師の関係の図
出典:きょうりょく薬剤師公式サイト

フリーランス薬剤師のマッチングエージェントであれば業務委託契約をする手順などをサポートをしっかりしてくれます。

5.フリーランス薬剤師は高いスキルを持っている

フリーランス薬剤師はさまざまな経験を積んだ薬剤師が多いためとても高いスキルを持っています。

フリーランス薬剤師になる人のほとんどが、3年以上の経験があり高いモチベーションと自信を持っています。

フリーランス薬剤師になる人の特徴は以下のとおりです

フリーランス薬剤師の特徴

  • 将来、薬局の独立の夢がある
  • 自分の経験やスキルに自信がある
  • すでに色々な薬局で勤務した経験がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • 自分の目標に向かって頑張っている

このようにフリーランス薬剤師はしっかりとした目標をもち、それを実現するために努力している人が多いです。

フリーランスという特性上、自己責任感がとてもつよく信頼できる人材が多いのが特徴です。

6.フリーランス薬剤師は労働基準法や就業規則は対象外

薬局がフリーランス薬剤師を使うときは労働基準法や就業規則は対象になりません。

そのため、正社員などと違い業務の時間などにとくに制限がないのです。

たとえばフリーランス薬剤師本人が休憩時間が必要ないといえば昼休みの時間(1時間)を設ける必要がないし、週40時間という制限もありません。

うらたか

時間に応じて報酬が発生するだけなので、薬局側は残業代など別途支給しなくても問題ありません。

フリーランス薬剤師は労働基準法や就業規則には縛られず、すべて業務委託契約書にしたがって業務を遂行しています。

7.フリーランス薬剤師は採用時のコストは意外に安い

フリーランス薬剤師と聞いたら採用するときに報酬が高いイメージがありますが、実はそうでもありません。

フリーランス薬剤師の報酬単価は地域や診療科などによって差はありますが、一般的には派遣薬剤師よりもコストは低く抑えられています。

また、長期間で採用する場合でも、フリーランス薬剤師には社会保険、厚生年金、雇用保険などを会社側で支払う必要はありません。

うらたか

職員の社会保障費もばかになりません。
正社員を1名増員するよりも人件費が大幅にカットできます。

フリーランス薬剤師を必要な時間や曜日に適切に使うことによってかなり費用がおさえられます。

そのためフリーランス薬剤師は薬局経営の手助けになります。

きょうりょく薬剤師とは?会社概要について説明

きょうりょく薬剤師はフリーランス薬剤師と薬局をつないでくれるマッチングサービスをおこなっている会社です。

2020年5月からサービスを開始しており、12月時点で薬剤師の利用者数は約300人で登録薬局数は80を超えています。

急速に利用者が増えており、薬局や薬剤師などに注目されていることがわかります。

きょうりょく薬剤師の会社概要

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1丁目11−2 巣鴨陽光ハイツ504
電話番号 03-6821-1860
株式会社MEDIKLECT 
代表取締役   柿間 隼志
公式サイト:https://freelance.pharmacist-career.com/

きょうりょく薬剤師は北海道から沖縄まで日本全国のフリーランス薬剤師の案件を取り扱っています。

うらたか

全国各地のどこの薬局さんでも利用できますよ!

フリーランス薬剤師をマッチングする会社はとても少ないため貴重な存在です。

さまざまな働き方を選べる時代になってきたので、これからもっとフリーランス薬剤師を活用する場面が増えてきます。

きょうりょく薬剤師はフリーランス薬剤師に特化したマッチングエージェントなので今後ますます期待がかかります。

\相談や資料請求は無料

選択肢の1つとしておすすめ

きょうりょく薬剤師のシステムは?わかりやすく5つのポイントを紹介!

薬局がフリーランス薬剤師を採用するためにはマッチングエージェントを利用するのがもっとも現実的です。

しかし、日本全国にフリーランス薬剤師に特化したマッチングエージェントは多くはありません。

そのなかでも最近とくに注目を集めているのが「きょうりょく薬剤師」というフリーランス薬剤師に特化したマッチングエージェント会社です。

以下で「きょうりょく薬剤師」のシステムなどを要点を絞ってわかりやすく解説します。

きょうりょく薬剤師を利用するときの5つのポイント!

  1. きょうりょく薬剤師は料金は格安でわかりやすいシステム!
  2. きょうりょく薬剤師は事前の商談でミスマッチが最小限
  3. フリーランス薬剤師はスポット利用をすることもができる
  4. 人材確保や人件費など経営面での手助けにる
  5. フリーランス薬剤師は全体的にスキルが高い

このように「きょうりょく薬剤師」を利用するとメリットがたくさんあります。

以下でそれぞれを詳しく見ていきましょう。


1.きょうりょく薬剤師はわかりやすい料金システムで格安!

きょうりょく薬剤師はフリーランス薬剤師を利用する料金がとてもリーズナブルです。

きょうりょく薬剤師を利用した場合、フリーランス薬剤師を採用時のコストは1時間あたり400円のみです。

きょうりょく薬事剤師と派遣薬剤師のコストの比較
出典:きょうりょく薬剤師公式サイト

たとえばフリーランス薬剤師の報酬単価が時給3000円とした場合、薬局側にかかるコストは薬剤師の3000円と利用料の400円を足して一時間あたり3400円です。

一方、派遣薬剤師を雇ったときに派遣会社に支払う手数料は、薬剤師の時給の30〜40%程度かかります。

仮に薬剤師の時給が3000円の場合、派遣会社の手数料が35%とすると時給で4615円支払うことになり薬局の負担が大きくなります。

うらたか

派遣薬剤師は社会保障分も手数料に入っているのでコストが高いのです。

フリーランス薬剤師は手数料がやすいので、そのぶん報酬を多くもらうことができます。

そのため薬局側とフリーランス薬剤師側の双方にメリットがあります。

きょうりょく薬剤師は400円/時間という格安の料金設定なので薬局経営的に使い勝手がよいのです。

またヒアリングからマッチング成立までの費用は一切かかりません。

きょうりょく薬剤師のマッチングまでの図解
出典:きょうりょく薬剤師公式サイト

きょうりょく薬剤師はフリーランス薬剤師の業務が開始してから費用が発生します。

そのため、いつでも気軽に相談をすることが可能です。

きょうりょく薬剤師のお問い合わせフォームへ

2.きょうりょく薬剤師は事前の商談でミスマッチが最小限

きょうりょく薬剤師はフリーランス薬剤師と契約をする前にオンラインで3者の商談をするためミスマッチが起こりにくいです。

契約をする前に3者で話し合いすることで契約内容や薬局の方針などをしっかりと伝えることができます。

きょうりょく薬剤師事前の3者面談の図
出典:きょうりょく薬剤師

事前の商談でお互いに納得のいく条件であることを確認しましょう。

その上で、薬剤師の対応や人柄をみて判断することができるのでミスマッチが起こりにくいのです。

3.フリーランス薬剤師はスポット利用をすることもができる

きょうりょく薬剤師を利用してフリーランス薬剤師を採用するとスポットで対応してもらうことができます。

特定の日だけ人員を増やしたり、欠員がでて薬剤師を補充したい場合があると思います。

派遣薬剤師は単発などの対応ができないため、そのようなときに自由度が高いフリーランス薬剤師を使うと便利です。

うらたか

普段からフリーランス薬剤師をこまめに使っていると、お互いに顔なじみになってくるので仕事も頼みやすく業務がスムーズに進みます。

フリーランス薬剤師はスポット対応も可能なので選択肢の1つとして覚えておくとよいでしょう。

4.人材確保や人件費など経営面での手助けにる

フリーランス薬剤師は人材確保や人件費など経営の面でとても役に立ちます。

薬剤師を確保したくてもなかなか集まらないことは現場ではよくあることです。

うらたか

一定期間だけ派遣薬剤師を使うとしても、費用がかさむので派遣薬剤師の採用をためらってしまいますよね。

そのようなときに「きょうりょく薬剤師」のような格安のフリーランス薬剤師のマッチングエージェントが役に立つのです。

きょうりょく薬剤師は最長で1年間の契約ができるためスポットから長期まで自由自在に職場の人員をコントロールできます。

フリーランス薬剤師は派遣にくらべてコストも安いので人材を補充したいときや人件費を抑えたいときに便利です。

5.きょうりょく薬剤師のフリーランス薬剤師はスキルが高い

フリーランス薬剤師は基本的に経験年数がながく高いスキルをもった人が多いのが特徴です。

基本的にフリーランス薬剤師を希望する薬剤師はある程度現場で経験を積んだ薬剤師ばかりです。

自分のスキルに自信がないひとはフリーランス薬剤師になろうとはしません。

きょうりょく薬剤師のフリーランス薬剤師の内訳は以下の図のとおりです。

きょうりょく薬剤師のフリーランス薬剤師の経験の図
出典:きょうりょく薬剤師

このように各診療科経験した薬剤師が多く、経験年数は3年以上は84%、5年以上は64%という結果になっています。

薬剤師としての経験やスキルが高い人材が集まっているので、現場で即戦力として活用できるのです。

きょうりょく薬剤師のフリーランス薬剤師はスキルが高いので安心して利用できます。

フリーランス薬剤師を上手に活用する10の場面

フリーランス薬剤師ついてある程度理解していただけたと思います。

では実際にフリーランス薬剤師を使用する場面はどのようなときなのか?

現実に薬局で起こる10の場面について紹介します。

フリーランス薬剤師を活用する10の場面!

  1. 職員が病気や怪我で長期間休んでまうとき
  2. 急な退職者がでてしまい次の薬剤師がまだ決まっていないとき
  3. 採用予定の薬剤師の入社が延びてしまったとき
  4. 繁忙期だけ人員を増やしたいとき
  5. パートのさんの穴埋めだけしてほしいとき
  6. 派遣の仲介料が高すぎて人件費に困っているとき
  7. スキルの低い薬剤師に手伝って欲しくないとき
  8. 職場の業務改善や雰囲気を変えたいとき
  9. 職員に有給を取得させて社員も満足度を上げたいとき
  10. 在宅患者の対応や新しいサービスを開始するときの人手が欲しいとき

フリーランス薬剤師はおもに上記のような場面で使われるときが多いです。

それでは以下で詳しく確認していきましょう。

1.薬剤師が病気や怪我そして育休や産休などで長期間休んでしまうとき

薬局を運営していると薬剤師が重い病気にかかったり、怪我で長期間離脱してしまうことがあります。

そのほかに育休や産休を取得する場合もあるでしょう。

そのようなときはフリーランス薬剤師を活用するのがおすすめです。

なぜなら、病気や怪我はどのタイミングで復帰してくるかわからないからです。

たとえばこんなとき!

  • 1ヶ月で復帰すると言われていたのに回復が遅く2ヶ月かかってしまった
  • 3ヶ月休むと言っていたのに予定よりも早く復帰したいと言ってきた
  • 怪我や病気を機会に勤務時間を減らしたいと言われた
  • 育休や産休を取得したがその後、通常通りに復帰するのかわからない

上記のようにさまざまなことが想定されます。

派遣薬剤師の場合は基本的に契約期間がしっかりと決められています。

うらたか

派遣薬剤師と雇った場合は急な対応を求められても、変更は難しいですよね。

フリーランス薬剤師は柔軟に対応できるので、期間の延長や短縮、時間の変更などが気軽に相談できるのでおすすめです。

2.急に退職者がでてしまい次の薬剤師が決まっていない

急な結婚や産休などで突然退職者がでてしまう場合もよくあります。

すぐに人材を確保できれば問題ありませんが、新しく社員を採用するならしっかり吟味してから薬剤師を確保したいはずです。

そのためにはじっくりと面接をしたり、よい人材が見つかるまである程度の期間が必要となります。

うらたか

そのような時にフリーランス薬剤師が重宝しますよ。

フリーランス薬剤師は経験豊かな高スキルの人材が多いので、現場に入ってもすぐに対応できます。

次に採用する薬剤師のめどが立つまでのあいだ、フリーランス薬剤師に頼んでおくと薬局業務も安心して任せられます。

急な退職者がでてしまったときは、フリーランス薬剤師をぜひ利用してみてください。

3.採用予定の薬剤師の入社が延びてしまったとき

入社予定だった薬剤師が現在勤めている薬局で引き伸ばしにあい、入社が1〜2ヶ月遅れてしまうということもよくあります。

かかりつけ薬剤師や在宅の担当患者を持っている薬剤師は入社が遅れてしまう可能性がとても高いです。

そのようなときにもフリーランス薬剤師をうまく使いましょう。

うらたか

薬剤師が入社してくるまでの期間ずっとでもよいし、忙しい曜日だけ来てもらうことも可能です。

フリーランス薬剤師は次の薬剤師が入社してくるまでのつなぎにも便利です。

採用した薬剤師の入社が延びてしまったときはフリーランス薬剤師にお願いしましょう。

4.繁忙期だけ人員を増やしたい

耳鼻科や小児科など繁忙期だけ人員を増やしたいときにフリーランス薬剤師が便利です。

耳鼻科の花粉症などのアレルギーのシーズンや小児科の冬の期間など診療科によって繁忙期だけ人員を増やしたいときがあります。

うらたか

複数の店舗を経営していれば他店のヘルプなども可能ですが、個人や小規模の場合は難しいですよね。

一定期間だけ忙しいからといって一年中薬剤師を増やしておくと採用すると人件費がかさんでしまいます。

フリーランス薬剤師を使うと年間をとおして薬剤師を増員する必要がないので経営的にメリットが大きいです。

5.パートのさんの穴埋めだけしてほしい

フリーランス薬剤師をパートさんの穴埋めに使用することができます。

パートさんを2名態勢でシフトを組みたいけど時間の合うパートさんが見つからず、パートさんを一人しか採用できない場合などはありませんか?

  • Aさん・・・月・水・金の10時〜14時
  • Bさん・・・火・木の10時〜14時

上記のようにパートさんを使いたい場面が想定されます。

うらたか

都合のよいパートさんもなかなか見つからないものです。

パートさんの勤務時間に関しても薬局側は午後2時か3時くらいまでいて欲しくても、主婦のパートさんは子供の幼稚園の関係など家庭の都合で折り合いがつかない場面もよくあります。

そんなときにの穴埋めにフリーランス薬剤師がおすすめとなります。

うらたか

もうひとりのパートさんに代わりにシフトに入ってもらうことが可能です。

フリーランス薬剤師は基本的に時間的な縛りはないので、もし薬局が混んでしまって時間が延長したとしても快く残って仕事を手伝ってくれます。

また、パートさんが子供の行事などで休んでしまうときなども、あらかじめフリーランス薬剤師に相談しておけば臨機応変に対応してもらうことが可能です。

6.派遣の仲介料が高すぎて人件費に困っている

「人手不足を解消したい」「派遣は人件費が高くて採用できない」このような時はフリーランス薬剤師を積極的に活用しましょう。

きょうりょく薬剤師を使えばフリーランス薬剤師の手数料は1時間あたり400円と格安です。

費用は薬剤師に支払う時給単価(最低3000円〜)+αくらいで済むので派遣薬剤師にくらべて経営面での負担が軽くなります。

うらたか

ただ安いだけじゃなく、戦力的に申し分のない高いスキルの薬剤師が来てくれます。

フリーランス薬剤師を利用する時間をうまく調整して人件費をコストダウンできます。

フリーランス薬剤師は高額な派遣薬剤師にお願いしにくいときにとてもおすすめです。

7.スキルの低い薬剤師に手伝ってほしくない

薬局は患者さんのために質の高いサービスを提供しています。

そのため、たとえお手伝いだとしてもスキルの低い薬剤師には任せられないという経営者さんも多いでしょう。

パートや派遣薬剤師でもスキルの高い薬剤師はいますが、実際には当たり外れがおおいのが現実です。

それはブランクがある人や、正社員として働く自信がない薬剤師が派遣薬剤師に登録している場合があるからです。

フリーランス薬剤師の場合はスキルの高い薬剤師がほとんどです。

うらたか

フリーランス薬剤師はさまざまな経験を積んだ薬剤師が多いです。
むしろ薬局のサービスの向上につながる場合もあります。

そのため、薬局のサービスの質を落としたくない場合はフリーランス薬剤師を採用してみましょう。

8.職場の業務改善や雰囲気を変えたいとき

職場の業務改善や雰囲気を変えたいときにはフリーランス薬剤師が最適です。

フリーランス薬剤師はいろいろな薬局で業務をこなしているので、各薬局の良いとろこ悪いとこをなど知っています。

うらたか

フリーランス薬剤師は現場の業務の流れや問題点などを見つけるのが得意です。

さらに、現場で問題点がわかっていたとしてもベテラン事務さんや頑固な薬剤師がいると業務改善できない場合が多々あります。

そのような時もフリーランス薬剤師のような外部の人間が指摘や業務改善提案することでうまくいった事例などがあります。

フリーランス薬剤師はコミュニケーション能力も高めなので、職場の人間関係の潤滑油として機能します。

現場の業務の改善をしたい場合や雰囲気を変えたい場合はフリーランス薬剤師はとても活躍します。

9.職員に有給を取得させてあげたいとき

職員にきちんと有給を取得させたいときにフリーランス薬剤師を使うとよいでしょう。

いまは働き方改革で年間5日間の有給を職員に取得させないといけません。

しかし人員をギリギリの状態で回している薬局さんが多いのも現実です。

うらたか

薬剤師を休ませてあげたくても正直きびしい時もありますよね。
そのようなときに、フリーランス薬剤師を使うのがおすすめです!

計画的に月1回定期的に有給をとらせたり、5日間まとめて休ませてあげることも可能です。

職員は給料と同じくらいに有給などの休日を重視しています。

患者さんに質の高いサービスを提供するためには、職員の会社満足度をあげることが重要です。

積極的にフリーランス薬剤師を活用して職員に有給をとらせてあげましょう。

10.在宅患者の対応や新しいサービスを開始するときの人手が欲しいとき

在宅患者の対応をしたり新しいサービスをはじめるときにフリーランス薬剤師をお願いするのもおすすめです。

薬局では今後ますます在宅患者さんの対応やかかりつけ薬剤師として投薬後のフォローアップが必要となってきます。

そうなるとどうしても人員が不足してしまいがちです。

在宅訪問をするあいだだけフリーランス薬剤師に薬局の調剤や投薬を任せるということもできます。

うらたか

逆にフリーランス薬剤師に在宅訪問をしてもらうのも可能です。

フリーランス薬剤師の中にはたくさん在宅を経験した薬剤師も存在します。

これから在宅を始めようと思っている薬局さんにとってはよいアドバイス役になってくれる可能性が高いです。

フリーランス薬剤師はただのヘルプ業としてではなく、今後の展開を考えたときのアドバイザー的な役割もできます。

まとめ:きょうりょく薬剤師は薬局経営者にとって新しい選択肢!フリーランス薬剤師をうまく活用して従業員や患者サービスを向上させることが可能

フリーランス薬剤師はこれからの薬局運営の切り札になる可能性があります。

適材適所にうまく人員を配置して人件費をおさえることが今後の薬局経営のポイントのひとつとなります。

その選択肢のひとつにぜひフリーランス薬剤師を加えてみてください。

一度使うと、フリーランス薬剤師の利用価値を必ず実感することができます。

記事のまとめ
  • フリーランス薬剤師は使い勝手がよい
  • フリーランス薬剤師は意外にコストがかからない
  • フリーランス薬剤師を頼むときは「きょうりょく薬剤師」がおすすめ!

選択肢はおおいに越したことはありません。

フリーランス薬剤師がどんなものなのか一度でよいので試してみることをおすすめします。

本記事が薬局経営者さまのお役に立てれば幸いです。

無料で今すぐ資料請求/

きょうりょく薬剤師は全国対応

フリーランス薬剤師になりたい方は以下の記事がおすすめです。

▼フリーランス薬剤師のすべてがわかる!▼

きょうりょく薬剤師は人材確保の新しい選択肢!フリーランス薬剤師を採用すれば薬局経営の切り札に

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フリーランス(薬剤師×ブロガー)のうらたかです。|薬剤師歴は20年以上、病院、調剤薬局、在宅薬剤師などを経験|フリーランス薬剤師を軸に薬局・薬剤師についての話や副業(ブログなど)について発信|薬剤師ももっと自由に働いていくことができます|少しでも多くの薬剤師の方に伝えられれば嬉しいです|WEBライターとしても活動していますので、お仕事のご依頼はDMへお願いします。

目次
閉じる