薬剤師の「自由な働き方」の詳細はコチラ

フリーランス薬剤師になるなら「きょうりょく薬剤師」がおすすめ!あなたの願いを叶えてくれる会社

フリーランス薬剤師になりたい人「きょうりょく薬剤師」がおすすめ!あなたの願いを叶えてくれる会社
この記事に書いてあること
  • フリーランス薬剤師について
  • きょうりょく薬剤師の詳しいシステム
  • フリーランス薬剤師のメリット・デメリット

フリーランス薬剤師に特化したマッチングエージェント「きょうりょく薬剤師」について気になりますよね。

「フリーランス薬剤師として働きたい」

「実際にはどうやって薬局の案件をみつけてくるの?」

このように悩んでいませんか?

    

フリーランス薬剤師にはどうやってなるの?

 

自分で仕事を探してくるのは大変そう・・・

うらたか

きょうりょく薬剤師に登録すればすべて解決しますよ!

この記事ではフリーランス薬剤師専門のエージェント「きょうりょく薬剤師」について紹介しています。

この記事を読めば、フリーランス薬剤師のなり方と「きょうりょく薬剤師」のシステムについて必ず理解することができます。

これからフリーランス薬剤師を目指したい人はぜひ読みすすめてくださいね。

目次

きょうりょく薬剤師の基本的なシステムなどについてわかりやすく解説!

    

フリーランス薬剤師向けのマッチングエージェントって何ですか?

うらたか

フリーランス薬剤師と薬局をつないでくれる紹介会社のことですよ!

フリーランス薬剤師に興味をもった人はまずはじめに、どのように薬局の案件をとればよいのか気になりますよね。

自分の力だけでは薬局と直接契約を結ぶはとてもハードルが高いです。

そこで今回は「きょうりょく薬剤師」というフリーランス薬剤師に興味のある方にとてもおすすめなマッチングエージェントについて紹介します。

きょうりょく薬剤師についてまだ知らない方も多いと思いますので以下で詳しく紹介していきます。

きょうりょく薬剤師について紹介!

  1. きょうりょく薬剤師とはどんな会社?
  2. きょうりょく薬剤師のシステムはとてもシンプル
  3. きょうりょく薬剤師を利用するときの料金
 

きょうりょく薬剤師はフリーランス薬剤師として働く薬局を紹介してくれるんですね!

うらたか

そうなんです。
まだ日本にはフリーランスに特化した薬剤師のマッチングエージェントが他にないので貴重な存在です。

それでは以下で「きょうりょく薬剤師」という会社について順番に見ていきましょう!

1.きょうりょく薬剤師とはどんな会社?

「きょうりょく薬剤師」は2020年5月に誕生したフリーランス薬剤師専門のマッチングエージェントです。

フリーランス薬剤師と薬局のあいだにはいって適切に薬剤師と薬局のマッチングをしてくれます。

会社の概要は以下のとおり

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1丁目11−2 巣鴨陽光ハイツ504
電話番号 03-6821-1860
株式会社MEDIKLECT 
代表取締役   柿間 隼志
公式サイト:https://freelance.pharmacist-career.com/

関東や首都圏を中心に北海道から沖縄まで日本全国の薬局を取り扱っています。

フリーランス薬剤師として働くならマッチングエージェントを利用するのがもっとも現実的です。

  

きょうりょく薬剤師は幅広く薬局の紹介をしてくれるんですね!

うらたか

はい!そうです。
実際の僕も沖縄の案件を紹介されました。

フリーランス薬剤師なりたい人はフリーランスに特化した「きょうりょく薬剤師」に登録するとよいでしょう。

2.きょうりょく薬剤師のシステムはとてもシンプル

きょうりょく薬剤師のシステムはとてもシンプルでわかりやすいです。

きょうりょく薬剤師の登録から業務開始までの流れ

  1. きょうりょく薬剤師に登録
  2. 個別面談・案件紹介
  3. あなた⇔きょうりょく薬剤師⇔薬局の担当者によるオンライン3社面談
  4. 契約の手続き
  5. 業務の開始

このような流れとなっています。

あなたと薬局のあいだにきょうりょく薬剤師のキャリアアドバイザーがしっかりはいってくれて的確なマッチングを行ってくれます。

事前に打ち合わせをしておくことで聞きにくいことを確認してくれたり、あなたの要望などを先方の薬局の担当者に聞いてくれるので安心です。

うらたか

はじめてフリーランス薬剤師になるときは不安ですよね!
きょうりょく薬剤師ならサポート態勢も万全なので安心です。

    

業務委託契約書とかは自分で作成しないといけないんですか?

うらたか

その点も心配する必要はありません!
契約などに必要な書類などもすべてきょうりょく薬剤師のほうで対応してくれます。

業務委託契約書などの作成は素人にはとてもできません。

しかし契約書などのその難しい手続きなどはきょうりょく薬剤師のほうでやってくれるので、フリーランス薬剤師がはじめてという方でも安心です。

そのためフリーランス薬剤師として働くときは、きょうりょく薬剤師に登録をしておけば勧められた案件の業務をするだけとなります。

  

きょうりょく薬剤師にお願いすれば、安心してフリーランス薬剤師として働けるんですね!

3.きょうりょく薬剤師を利用するときは料金は無料!

きょうりょく薬剤師を利用するときの料金は無料です。

フリーランス薬剤師側には手数料は発生しません。

  

薬剤師の方には手数料はかからないのはうれしいです!

きょうりょく薬剤師の料金は1時間あたり一律400円となっていますが、その手数料は薬局側が支払ってもらうシステムとなっています。

出典:きょうりょく薬剤師公式サイトより

薬局がフリーランス薬剤師を1時間4000円で利用したいといった場合、きょうりょく薬剤師の手数料は400円だけなので、残りの3600円がフリーランス薬剤師の時給単価になります。

きょうりょく薬剤師の時給はすべて3000円以上の高単価となっています。

 

きょうりょく薬剤師は時給も3000円以上と高めなんですね。
これなら収入に困ることはなさそうです。

うらたか

派遣薬剤師と違って薬局側が支払う手数料が少ない分、フリーランス薬剤師に上乗せする形になっています。

もし派遣薬剤師だった場合は手数料は30%〜40%かかるため薬剤師の手元に残るぶんが少なくなってしまいます。

きょうりょく薬剤師でフリーランスの案件を紹介してもらえば、報酬から手数料を引かれることがないので最低時給単価も3000円と高額になります。

薬局への請求やフリーランス薬剤師への報酬の支払い方法などは?

きょうりょく薬剤師に登録をしておけば、業務委託契約の手続きをサポートしてくれます。

そして業務委託が完了し報酬が発生したときには薬局に請求書を発行してくれるのです。

    

もし複数の薬局で働いた場合はどのようになりますか?

うらたか

その時もきょうりょく薬剤師がすべての薬局の請求書を発行してくれます。

もしあなたが一箇所ではなく複数の薬局に勤めた場合は、すべてに請求書を送る必要があります。

しかし、きょうりょく薬剤師をとおして勤めた場合は、あなたが勤務した薬局すべてに請求書を送ってくれるため無駄な労力がかかりません。

また報酬は各薬局ごとに支払われるのではなく、きょうりょく薬剤師から一括で支払われます。

そのため振り込みの確認をする手間など、大幅に削減することができるのです。

きょうりょく薬剤師をデメリットはない!?

これからフリーランス薬剤師として活動するときに、きょうりょく薬剤師に登録するデメリットは正直あまり感じられません。

うらたか

あまりデメリットはないのですが、あるとすれば以下のふたつくらいです。

きょうりょく薬剤師のデメリット?

  1. 地方の人だと恩恵を受けにくい
  2. 自分自身で案件を獲得できる場合は必要がない

このような問題点が考えられますが実際には大きなデメリットにはならないでしょう。

1.地方の人だと恩恵を受けにくい

きょうりょく薬剤師は首都圏の案件がおおいため、地方に住んでいる人には恩恵を受けにくい可能性があります。

きょうりょく薬剤師の薬局の案件は全国各地にありますが、地方になるとどうしても件数は少ない傾向があります。

    

地方に案件がないなら登録する意味はないですよね?

うらたか

そんなことはありませんよ。
登録をしなかったらそもそもフリーランスの案件を見つけること自体できなくなってしまいます。

たしかに地方の場合は案件の数は多くはありませんが、希望者の要望によって新たに開拓をしてくれます。

またもしフリーランスの案件があったとしても契約などの難しい手続きなどもあるので、きょうりょく薬剤師を通しておいたほうが安心です。

2.自分自身で案件を獲得できる場合は必要がない

薬局を自分で見るけることができて、自分ので報酬の交渉をできるひとはきょうりょく薬剤師をつかう必要はありません。

しかし、そのような薬剤師はおそらくほとんどいないでしょう。

また2〜3件くらいは自分で見つけることはできるかもしれませんが、今後ずっとその薬局で働いていくわけではありません。

個人で安定的に薬局の案件を見つけるのはとても困難です。

    

薬局の人脈が多くてもいつも薬剤師が必要とは限らないですよね

うらたか

人脈が多くても、きょうりょく薬剤師を使っておいたほうが安心です。
自分の人脈ときょうりょく薬剤師を併用しても問題はありません。

きょうりょく薬剤師のメリットはとても多い!利用すべき5つの理由

フリーランス薬剤師として活動をするためには、きょうりょく薬剤師のようなフリーランス薬剤師専門のエージェントに相談するのがもっともよいでしょう。

きょうりょく薬剤師を利用してフリーランス薬剤師になるメリットは5つあります。

きょうりょく薬剤師のメリットは5つ!

  1. 面倒な契約の手続きがいらない
  2. 自分で案件を見つけてくる必要がない
  3. 報酬の振込みが一本化してくれる
  4. 定期的なヒアリングでマッチングミスが起こりにくい
  5. フリーランス薬剤師として経験豊富なスタッフが新しい働き方の提案をしてくれる
  

こんなにたくさんメリットがあるんですね!

うらたか

そうですね!フリーランスになるなら利用しない手はないですよ。

それではひとつずつ解説していきます。

1.面倒な契約の手続きがいらない

きょうりょく薬剤師を利用するとあなたと薬局のあいだにはいって各種の手続きや調整をしてくれます。

そのため、自分で契約書を作成したり先方の薬局に出向いて報酬の交渉などをする必要がなくなります。

個人でイチからすべての作業をおこなっていたら膨大な時間を費やしてしまいます。

 

きょうりょく薬剤師が代行して色々と手配してくれるのですね!

だから、きょうりょく薬剤師にお願いしてしまったほうが仕事に専念できるので安心です。

2.自分で案件を見つけてくる必要がない

きょうりょく薬剤師に登録をしておくと、案件を自分でとってくる必要はありません。

フリーランス薬剤師で一番心配なことは仕事がなくなることです。

広い人脈を持っている人は問題ありませんが、ほとんどの薬剤師は薬局にコネや人脈などはそれほど多くはありません。

うらたか

フリーランス薬剤師は個人で案件を取ってくるのが難しいです。

  

きょうりょく薬剤師に登録すれば案件を紹介してるれるので安心ですね。

しかし、きょうりょく薬剤師に登録しておくと現在の案件が終了しても次の薬局を紹介してくれます。

そのため仕事が途切れる心配はほぼありません。

自分自身で薬局を見つけてこなくてよいので、営業が苦手な人でも問題ありません。

3.報酬の振込みが一本化してくれる

きょうりょく薬剤師をとおして勤務した場合は、報酬はきょうりょく薬剤師から一本化して支払われます。

フリーランス薬剤師として働く場合は、複数の薬局で働く場合があるため請求や報酬の振込などがバラバラになってしまいます。

しかし、請求や振り込み関係はきょうりょく薬剤師が一本化して管理してくれるため、フリーランス薬剤師は特に何もする必要はありません。

うらたか

日にちがバラバラに入金されることがないのでお金の管理がしやすいです。

報酬の振込日にきょうりょく薬剤師からの報酬が振り込まれるのを確認するだけとなります。

4.定期的なヒアリングでマッチングミスが起こりにくい

きょうりょく薬剤師は定期的にフリーランス薬剤師と薬局の両方にヒアリングをしているのでマッチングが的確です。

フリーランスとして勤務しているあいだも相手方の薬局とこまめに連絡をとり情報収集をしているからです。

過去に勤務したことがある薬剤師の情報や薬局側の要望などの情報をどんどん蓄積しているので、新規で薬局を紹介する時にミスマッチが起こりにくいのです。

きょうりょく薬剤師のヒアリングの図解
出典:きょうりょく薬剤師公式サイトより

また、薬局からのフィードバックによりあなたのスキルアップに繋がるアドバイスなどもしてもらうことができます。

きょうりょく薬剤師は、案件を紹介したあとも定期的にヒアリングを行っているため安心して働くことができるのです。

5.フリーランス薬剤師として経験豊富なスタッフが新しい働き方の提案をしてくれる

きょうりょく薬剤師は薬剤師の新しい働き方についてアドバイスもしてくれます。

その理由はきょうりょく薬剤師のスタッフ自身もフリーランス薬剤師を経験しており、さまざまな働き方をしているからです。

正社員として薬剤師の仕事をするだけでなく、フリーランス薬剤師として働きつつあなたのやりたいことを実現できるように相談にものってくれます。

 

スタッフもフリーランス薬剤師の経験があるなら、なんでも相談できそうですね!

うらたか

フリーランスを経験している薬剤師はとても少ないので、親身になって話を聞いてくれますよ!

きょうりょく薬剤師のような実際にフリーランス薬剤師の経験があるスタッフがいると、安心してあなたの今後のプランについて相談できます。

これからフリーランス薬剤師として頑張りたいという方

「きょうりょく薬剤師」に登録することをおすすめします。

きょうりょく薬剤師の登録は無料です。

気になる方はぜひ相談してみてください。

\フリーランス専門エージェント/

登録や相談は無料

フリーランス薬剤師の5つの基本的な知識についてわかりやすく解説

    

そもそもフリーランス薬剤師のことについてあまりわかっていません。
くわしく教えてもらえませんか?

うらたか

そうですよね!
フリーランス薬剤師の情報もまだ少ないので、すこし詳しく解説します。

フリーランス薬剤師の働きかたについてはまだあまり一般的には知られていません。

実際にどのように働いているのかがわからない方が多いのが現状です。

そこでフリーランス薬剤師の基本的な仕組みや疑問点などについて解説します。

フリーランス薬剤師の5つの基本的な知識!

  1. フリーランス薬剤師の働き方!自由に働くことができる
  2. フリーランス薬剤師はほかの仕事とも兼業しやすい
  3. フリーランス薬剤師と派遣薬剤師はまったく違う!
  4. フリーランス薬剤師の年収はどのくらい?
  5. フリーランス薬剤師の社会保障はうすい

それでは上から順番に解説していきます。

1.フリーランス薬剤師の働き方!かなり自由に働くことができる

フリーランス薬剤師は基本的にどこの会社にも属さないで個人事業主または個人法人として薬局と業務委託契約をして業務を請け負います。

そのため薬局で業務をするときは、単発や数週間〜3ヶ月程度の案件が多いです。

    

どんな働き方をしている人が多いですか?

うらたか

それは人それぞれなので、一概には言えません。
ちなみに僕の場合は土日は完全にオフで平日は4日間勤務をベースに働いています。

フリーランス薬剤師は自由な働き方ができるため、週3日だけの勤務や複数の薬局との掛け持ちなどもすることが可能です。

がっつり稼ぎたければ高時給の案件をたくさん受ければよいし、逆にプライペートやそのほかの仕事を優先したい人は少なく働けばOKです。

2.フリーランス薬剤師は薬剤師以外の仕事とも兼業しやすい!

フリーランス薬剤師は薬剤師として働く以外に、ほかの仕事を兼業しやすいという特徴があります。

実際にほかの仕事との兼業でよくあるのもが以下の仕事です。

フリーランス薬剤師と兼業しやすい仕事5選!

  • Webライター・デザイナー
  • プログラマー・エンジニア
  • ネットショップ経営
  • オンライン講師
  • ブログやアフィリエイト

このように薬剤師として収入をつつ、上記のような仕事を並行して行うことができます。

最初は副業からはじめるひとも多く、薬剤師として働くきながら徐々にほかの仕事にシフトしていくことも可能です。

   

薬剤師以外にやりたい仕事がある場合にはいいですね!

うらたか

正社員だと忙しくて時間が作れないので、フリーランスという働き方もアリですよ。

両者のバランスを取りやすいのがフリーランス薬剤師の魅力となります。

3.フリーランス薬剤師と派遣薬剤師は似ているようでまったく違う!

フリーランス薬剤師と聞くと派遣薬剤師を思い浮かべる人がおおいですが、実際は全然違います。

フリーランス薬剤師と派遣薬剤師の違いは以下のとおりです。

フリーランス薬剤師と派遣薬剤師の違いの表

派遣薬剤師はフリーというよりは派遣会社の社員という認識で間違いありません。

派遣薬剤師はさまざまな薬局で働くという点では共通していますが、上記のとおり雇用の面では全然違います。

    

フリーランス薬剤師と派遣薬剤師のどちらがよいのですか?

うらたか

どちらがよいかは一概に言えません。
社会保障に重点をおきたいなら派遣薬剤師がおすすめですし、自己責任でも大きく稼ぎたい、もっと自由に働きたいひとはフリーランス薬剤師がよいでしょう。

どちらにも、メリットとデメリットがあるのでよく比較して検討することをおすすめします。

迷った場合はどっちもやるという裏技もあります。

派遣を週3回、フリーランス週1〜2回というのもOKです。

うらたか

実は派遣の方で社会保険に加入しながら、フリーランス薬剤師をやることもできます!

4.フリーランス薬剤師の年収はどのくらい?

フリーランス薬剤師として働く場合の年収は決して低いものではありません。

たとえばきょうりょく薬剤師に登録した場合は、最低の時給が3000円となっています。

週に5日で8時間働いた場合(月160時間で計算)は以下のようになります。

3000円×160時間=480,000円
3500円×160時間=560,000円

実際には上記の収入から所得税、住民税、国民年金などを自分で支払う必要があります。

  

意外と報酬はもらえるんですね!

うらたか

むしろ税金対策をしてしっかり節税すれば、手取りは正社員のときよりもおおくなる可能性が高いです。

正社員の薬剤師と比較しても劣らないくらいの収入があります。

あとは案件の選び方や働く時間をいくらでも調節ができるので、あなたの生活に必要な金額ぶんを働けばよいのです。

もちろん、がっつり稼ぎたいひとは年収1000万円を目指すことも可能です。

5.フリーランス薬剤師は社会保障がうすい

フリーランス薬剤師は正社員にくらべて社会保障は手厚くはありません。

基本的に個人事業主となるため、社会保障は以下のとおりとなります。

フリーランス薬剤師の社会保障

年金:厚生年金→国民年金
保険:社会保険→国民健康保険

どちらも最低限の保証しかないため、万が一のときや老後にそなえて自分で備えていく必要があります。

ただし年金などは、個人年金や小規模企業共済などで別途自分で積み立てていくことは可能です。

そのためそこまで心配する必要はありません。

 

フリーランス薬剤師(個人事業主)になると、国民年金と国民健康保険になるんですね。

うらたか

年金の積立や怪我や病気のときの保険などはしっかり確認しておきましょう。

フリーランス薬剤師になる場合は社会保障がうすいので、そのへんもしっかりと考えておきましょう。

 フリーランス薬剤師の5つデメリットもあたまに入れてこう

    

フリーランス薬剤師にはデメリットはないんですか?

うらたか

もちろんデメリットはありますよ。
デメリットは大きく5つあります。

フリーランス薬剤師にも当然デメリットは存在します。

おもなデメリットは以下のとおりです。

フリーランス薬剤師のデメリットは5つ!

  1. 年金や健康保険代、そのほか税金関係は自分で支払う
  2. 社会的な信用は低い!?
  3. 収入が不安定
  4. 有給休暇がない
  5. 確定申告は自分でしなければならない

フリーランス薬剤師もデメリットあるのでしっかりと確認しておきましょう。

それではひとつずつ説明していきます。

1.年金や健康保険代、そのほか税金関係は自分で支払う必要がある

フリーランス薬剤師は基本的に年金や保険、税金関係は自分で支払う必要があります。

正社員ときは年金や社会保険は会社と折半でしたが、フリーランス薬剤師として個人事業主となった場合は年金や社会保険は全額自己負担となります。

    

年金と社会保険は月にどのくらいかかりますか?

うらたか

前年の収入によって変わります。
年金と社会保険あわせて5万〜10万円くらいでしょう。

正社員をやめてフリーランスになったときは社会保険の任意継続(2年間)ができるので、費用が少し抑えられます。

そのほかに所得税や住民税の支払いも自分自身でする必要があるので手間がかかるのがデメリットとなります。

2.社会的な信用は低い!?

個人事業主は一般的に社会的な信用が低い傾向にあります。

カードやローンの審査などがとおりにくい場合があるので注意が必要です。

    

フリーランスはあまり信用がないんですね・・・。

うらたか

フリーランス薬剤師の場合はほかと少し事情が違います。

薬剤師国家資格をもっているため、ほかの無資格者とくらべると少し信用は高い傾向にあります。

正社員ほどの信用はありませんが、まったく信用がないわけではないので安心できます。

とはいえ、フリーランス薬剤師は一般的に信用は低く見られる可能性があるので念のため注意はしておきましょう。

3.フリーランス薬剤師は収入が不安定

フリーランス薬剤師は収入が不安定なのがデメリットです。

案件の選び方や働き方で大きく収入が増減します。

週5日間働く予定でも、GWや年末年始など祝日が多い月は減収となることが多いので注意が必要です。

そのほかに仕事が安定的に入ってくる場合は問題ありませんが、ときには条件が合わずにすぐに仕事がないという場合も考えられます。

 

収入が多い月もあれば、少ない月もあるんですね。

うらたか

毎月一定の給料ではないので、多くもらった月は使いすぎないように注意しましょう。

毎月同じ給料が入ってくるわけではないので、金銭管理も大事となります。

4.有給休暇がない

フリーランス薬剤師には有給がありません。

体調不良や怪我などで仕事ができなくなった場合はダイレクトに収入に響いてきます。

例えばインフルエンザで5日間休むことになってしまったという場合は、5日間分の報酬がまるまる消えてしまうのです。

    

急に休んだりすると結構な痛手ですね。

うらたか

時給3000円×8時間×5日間だと12万円も減収となってしまいます。

フリーランス薬剤師は時給が高額なので、休んだときの減収はかなりの金額になります。

フリーランス薬剤師になるときは有給がないので万が一のときのための対策を講じておく必要があります。

5.確定申告は自分でしなければならない

フリーランス薬剤師になったら確定申告を自分でしなければなりません。

正社員のときは税金などに詳しくなくても会社がやってくれましたが、フリーランス薬剤師は自分自身で確定申告するので少し手間がかかります。


しかし確定申告をするには以下の方法をとれば大丈夫です。

・オンラインの会計ソフトを導入する
・税理士にお願いする

ほとんどの方はこのように確定申告をしています。

    

確定申告ってなんだか難しそう・・・。

うらたか

クラウド会計ソフトを使用すれば、意外と簡単に入力できますよ!
どうしても心配なら税理士にお願いしちゃいましょう。

きょうりょく薬剤師は正社員や派遣薬剤師からフリーランス薬剤師になったかた向けに、税務(確定申告など)を定期的にフォローアップしてくれます。

はじめてフリーランスになる方もしっかりサポートしてもらえるので安心です。

自分でやるのはどうしても不安という人は税理士にお願いましょう。

オンライン会計ソフトは別の記事でも紹介していますので詳しくはそちらも見てください。

▼クラウド会計ソフトはこれで決まり!▼

こんな人はフリーランス薬剤師に向いている!7つのメリットを紹介

フリーランス薬剤師はとても自由度が高い働き方ですが、だれにでも向いているわけではありません。

薬剤師として安定的に収入を得たい人や、不安が強い人にはあまりおすすめできません。

 

フリーランス薬剤師はどんな人に向いていますか?

うらたか

時間を有効に使いたい人などに向いています。
下記のメリットの受けたい人はフリーランス薬剤師に向いている可能性が高いですよ。

フリーランス薬剤師のメリットは以下の7点です。

フリーランス薬剤師の7つのメリット

  1. とにかく自由に働ける
  2. 子育て中の主婦(主夫)にはスポットが便利
  3. ガッツリ働いて稼ぐことができる
  4. いろんな薬局で働いてスキルをあげられる
  5. 薬局の独立開業をするチャンスが増える
  6. 経費を計上して節税することができる
  7. イクメンパパにおすすめ!家族と一緒にいる時間を増やせる

このようにフリーランス薬剤師にはたくさんのメリットがあります。

それでは以下でひとつずつ紹介していきます。

1.とにかく自由に働ける

フリーランス薬剤師は自由になって働きたい人にとてもおすすめです。

フリーランス薬剤師はとにかく働く日や時間をあなたの好きなように設定することができます。

  • 単発で好きなときに働く
  • 週3日だけ働く
  • 掛け持ちでがっつり
  • 半年働いて半年休む
  • 土日は絶対に休む

このような感じで、あなたのライフスタイルにあわせて働くことが可能となります。 

  

自分の都合に合わせて働けるからいいですね!

うらたか

メリハリを付けて働くことができるので、生活がとても充実しますよ!

2.子育て中の主婦(主婦)にはスポットが便利

フリーランス薬剤師は子育て中の主婦(主夫)にもおすすめです

フリーランス薬剤師はパートやアルバイトのようにシフトとしてではなく、スポット的に働くことができるからです。

うらたか

毎週、決まった時間に都合をつけられない場合もありますよね。

しかしフリーランスとして働く場合は、あなたが勤務できそうな日に単発で働くことができるのでスキマ時間などを有効に活用できます。

もしその後も本格的にフリーランス薬剤師として活動したければ、開業届をだして個人事業主として独立することも可能です。

3.ガッツリ働いて稼ぐことができる

ガッツリ働いて報酬を得たい人にはフリーランス薬剤師はとても魅力的な働き方です。

勤務地を選ばなければ時給5000円を超える超高額な案件はたくさんあります。

とくに、すこし遠方の薬局や人気のない診療科などは高額な時給となっています。

そのような薬局で率先して働くことで1000万円を目指すことも夢ではありません。

   

時給の高い薬局で一生懸命に頑張れば一気に収入が増えそうですね!

うらたか

割り切って働くことができれば報酬に上限はありません。
もちろん、無理は禁物ですが・・・。

また、都市部でもいくつかの薬局を掛け持ちすればたくさん報酬を得ることができます。

フリーランス薬剤師は正社員と違って勤務時間に制限ないので、働けば働いたぶん報酬として入ってくるのです。

4.いろんな薬局で働いてスキルがあげられる

フリーランス薬剤師はいろいろな薬局で勤務することが可能です。

フリーランスの案件は短期間が多いため、1年間で数カ所の薬局を経験することができます。

いろんな薬局にいくことで以下のようなスキルが得られます。

フリーランス薬剤師になると向上するスキル

  • いろんな診療科の薬のが扱えて知識が増える
  • 調剤薬局のほか、病院や在宅薬剤師なども経験できる
  • さまざまなDrの処方を勉強することができる
  • たくさんのレセコンや調剤機器を使えるようになる
  • 各薬局の独自ルールを知ることができる
  • コミュニケーション能力が高くなる

このように薬剤師としての知識や経験など得ることが可能です。

  

薬剤師として相当レベルアップしそうですね!

うらたか

ひとつの薬局に留まっていたらこんなにスキルアップはできません。
即戦力も求められているのでかなり薬剤師のレベルがあがりますよ!

フリーランス薬剤師になれば一気にスキルアップすることは間違いないでしょう。

5.薬局の独立開業のチャンスが増える

将来独立を考えているひとは、フリーランス薬剤師はとてもおすすめです。

フリーランス薬剤師は独立したい人に向いている理由は以下のとおりです。

独立志向の人に向いている理由は5つ!

  • 薬局経営者と知り合う機会が増える
  • 直接事業承継の話がくる
  • 独立の話が来たときにすぐに行動をしやすい
  • 独立に向けて資金を貯めることができる
  • 個人事業主なので経営のことを考えるようになる
   

薬局経営者の方と直接知り合いになれるのはすごいメリットですね!
しかも、フリーランスは身軽だからすぐに独立の準備ができそう。

うらたか

薬局経営者のほかに、いろんな業者やコンサルの方々を知り合うことができます。
正社員のときには知ることができなかった情報がたくさん入ってきます。

そのほかに、いろんな薬局で勤務するので各薬局の内部情報(経営状態など)を知ることもできます。

このように、フリーランス薬剤師は将来的に独立を考えている人にはメリットが多すぎるのです。

6.経費に計上して節税ができる

フリーランス薬剤師として開業届を出した場合は、事業にかかわった費用を経費に計上できます。

中にはいつも使っているものを全部または一部を経費にすることが可能です。

いつも使っているものも経費にできるのでフリーランス薬剤師は所得税や住民税などを節税でます。

税金は計算方法は細かいことはいろいろありますが、ざっくり説明すると以下のようになります。

売上ー経費=収入

税金はこの「収入」の部分にかかってきます。

そのため「経費」が多くなれば「収入」が下がるので、税金は安くなるという仕組みです。

    

「経費」ってどんなものが経費として計上できるんですか?

うらたか

事業に関わるものなら基本的には何でもOKです。
例えば以下のようなものは経費にできます。

フリーランス薬剤師になったら経費にできるもの(一部)

  • 勤務先までの交通費(支給がない場合)
  • 事業に関係する接待や飲食代
  • 研修などの参加費用
  • 事業に関わる本などの書籍代
  • 携帯電話などの通信代(一部)

経費に計上できるものはまだまだたくさんあります。

そのほかに、開業届を出している場合は青色申告特別控除(55万円もしくは65万円)を受けることができます。

  

生活で普通に使っているものでも結構経費にできるものが多いんですね!
これならかなり節税になりそう。

うらたか

事業に関わるものは基本的に経費として計上できるので、かなりの節税になりますよ!

給料をもらっている正社員などは、経費という概念がありません。

そのため、控除を受ける金額がそれほど多くないのです。

フリーランス薬剤師は経費を使うことができるので、やり方によって大きく節税できる可能性が高いのです。

7.イクメンパパにおすすめ!家族と一緒に過ごす時間を増やせる

子供や家族と少しでも一緒にいる時間を過ごしたい方はフリーランス薬剤師がとてもおすすめです。

フリーランス薬剤師になれば自由な働き方がいくらでもできます。

「土日は絶対に家にいたい」「少しでも多く家族と過ごしたい」と思っているお父さん薬剤師は多いです。

通常、薬局に勤めている場合は土曜日は半日勤務という場合がおおいので、家族と過ごせる時間が少なくなってしまいます。

    

学校行事やイベントなどは土曜日開催が多いですよね。
そのたびに有給を取るのが大変です。

うらたか

フリーランス薬剤師ならその心配をする必要はありません。
最初から仕事を入れなければいいのです。

しかし、フリーランス薬剤師は土日は絶対に仕事を入れないという働き方ができるので、収入を大きく減らさずに家族と過ごす時間をつくることができるのです。

まとめ:フリーランス薬剤師として働きたいなら「きょうりょく薬剤師」がおすすめ!新しい働きかたを選択肢のひとつにしよう。

フリーランス薬剤師として働きたいのであれば、フリーランス薬剤師のマッチングのエージェントの相談するのが一番です。

中でもきょうりょく薬剤師は首都圏を中心に全国の薬局の案件をあつかっているため非常におすすめです。

記事のまとめ
  • フリーランス薬剤師になるためにはきょうりょく薬剤師に登録すると安心
  • きょうりょく薬剤師はフリーランス薬剤師側に手数料はかからない
  • きょうりょく薬剤師は契約〜支払いまで一括管理してくれる
  • フリーランス薬剤師は自由な働き方ができる

いまの時代は薬剤師もさまざまな働き方ができます。

正社員という安心感のなかで働くものよいですが、自分らしく好きなように働いていけるように代わってきています。

ぜひあなのライフスタイルにあった働き方がみつかることを期待しています。

\フリーランス薬剤師専門のマッチング/

登録や手数料は無料


LINE登録でお気軽に情報もゲット!

▼薬局経営者向けの記事はコチラになります▼

フリーランス薬剤師になりたい人「きょうりょく薬剤師」がおすすめ!あなたの願いを叶えてくれる会社

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フリーランス(薬剤師×ブロガー)のうらたかです。|薬剤師歴は20年以上、病院、調剤薬局、在宅薬剤師などを経験|フリーランス薬剤師を軸に薬局・薬剤師についての話や副業(ブログなど)について発信|薬剤師ももっと自由に働いていくことができます|少しでも多くの薬剤師の方に伝えられれば嬉しいです|WEBライターとしても活動していますので、お仕事のご依頼はDMへお願いします。

目次
閉じる