薬剤師の「自由な働き方」の詳細はコチラ

【 必見 】薬剤師が脱サラして自由になる具体的な3つの方法!

薬剤師が脱サラする具体的な3つの方法
    

サラリーマン薬剤師をやめたい。
脱サラして会社に縛られずにもっと自由な働き方をしたい。

そんな悩みを解消します。

労働時間が長く、残業も多い、会社でこき使われてうんざりしていませんか?

そろそろ会社をやめて脱サラしたい、そんな風に思った方もいるかもしれません。

薬剤師って別のスキルがなければ脱サラできないと思っていませんか?

実は薬剤師の免許をいかして脱サラして個人事業主になることも十分に可能なんです。

この記事でお伝えすること
  1. 薬剤師が個人事業主になる方法
  2. 薬剤師が脱サラするメリット・デメリット
  3. 薬剤師が脱サラする前に準備すること

脱サラすれば、会社に縛られることがなく自由に働くことができます。

今回はサラリーマン薬剤師が脱サラして個人事業主になる方法について解説します。

うらたか

筆者のプロフィール
・薬剤師歴は20年以上
・病院、調剤薬局、在宅薬剤師などを経験
・現在フリーランス薬剤師として活動中

ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

本気で転職を考えているなら薬剤師転職エージェントに相談しましょう。

転職をした人のほとんどが2〜3社に登録しています。

どの薬剤師転職エージェントも無料で3分以内に登録が完了します。

今のうちに登録を済ませておきましょう!

ファルマスタッフ マイナビ薬剤師薬キャリリクナビ薬剤師お仕事ラボ
特徴全国に12ヶ所に拠点
調剤薬局や派遣に強い
研修などのサポートが充実
面談やヒアリングが丁寧
求人の幅が広く、業界トップクラス。
非公開の求人が多い!
病院や企業の求人が多い!
スピーディな対応で早く転職したい人向け。
エムスりーグループの運営なので安心
就職の大手リクルートが運営
キャリアアドバーザーのレベルが高い
高収入の求人が多数
就職後のサポート体勢が万全。
定着率に定評がある。
うれしいお祝い金制度が充実
求人数約61,000件約63,000件約32,000件約54,000件約35,000件
面接同行××
派遣薬剤師××
公式サイト詳細をみる詳細をみる詳細をみる詳細をみる詳細をみる
→→横にスクロールできます→→
目次

薬剤師が脱サラして個人事業主になる方法

薬剤師が脱サラして個人事業主になる方法

薬剤師が脱サラ方法はざっくりと3つあります。

・薬局を開局する

・フリーランス薬剤師になる

・薬剤師以外の事業で独立する

この3パーターンにようやくされます。

1つずつ解説していきますね。

薬剤師が脱サラして個人事業主や経営者になる方法①:薬局を開局する

薬剤師が脱サラして個人事業主や経営者になるには薬局を開局するのが一般的です。

会社に縛られたくない、自分の力でなんとかしたい薬剤師は独立を考えているはずです。

しかし薬局を開設しようと思ったらサラリーマン薬剤師にはかなりハードルが高いです。

・良質な開業の案件を見つけるのが困難

・初期費用が高額(約2000万円)

・薬局業界が衰退している(儲からなくなっている)

このような感じで簡単に薬局を開局することはできません。

よほど熱いハートをもった薬剤師しか薬局を開局できないでしょう。

うらたか

個人薬局であれば十分にやれる案件はありますよ!

大手が手を出さないような個人クリニックや切り離し案件をうまくゲットしましょう。

そうすれば社長兼プレイヤーとして個人事業主や経営者になることができます。

薬剤師が脱サラして個人事業主になる方法②:フリーランス薬剤師になる

実は薬剤師でもフリーランスとして働くことができるのです。

派遣薬剤師と混同しがちですが、ここでいうフリーランス薬剤師は完全な個人事業主のことを指します。

派遣薬剤師は派遣会社の社員ですが、フリーランス薬剤師は業務委託で直接薬局と契約を結びます。

派遣薬剤師とフリーランス薬剤師の大きな違いを表にまとめました。

雇用形態健康保険年金有給福利厚生
派遣薬剤師派遣会社の社員社会保険厚生年金
フリーランス薬剤師個人事業主国民健康保険(もしくは任意継続)国民年金××
横にスクロールできます→→

年金や保険などは派遣薬剤師の方が充実しています。

給与面では派遣薬剤師の場合は紹介会社にもっていかれる分が多いのです。

薬局と時給4000円で契約したとしても個人のもとには2〜3000円しかもらうことができません。

うらたか

フリーランス薬剤師の場合はほぼ全額自分の報酬になります。
(※マッチング会社を使った場合は少し減る場合がありますが・・・)

同じ時間働いてもフリーランス薬剤師の方が報酬が多いことになります。

▼フリーランス薬剤師になるなら必読!!▼

薬剤師が脱サラして個人事業主になる方法③:薬剤師以外の事業で独立する

薬剤師が脱サラする方法の3つ目は薬剤師以外の仕事をすることです。

一般的に脱サラといえばこの方法をイメージする方が多いですよね。

あなたが何かやりたいことがあるなら思い切って薬剤師を辞める決断をしても良いと思います。

  • 飲食店を経営する
  • ネット事業で開業する
  • 地方に行って農業をやってみる

上記のような仕事で自分のやりたいことで脱サラする人もたくさんいます。

薬剤師も比較的安定した職業ですが、今後はどうなっていくのかわかりません。

他にやりたいこと、得意なことがあるのであればそちらにチャレンジしてみるもの大事だと思います。

もしチャレンジに失敗したとしても薬剤師免許という強い武器があるので生活に困ることはありません。

うらたか

ぼくはフリーランス薬剤師兼ブロガーとして独立しました。
今後はプログラミングも勉強してそちらでも収入を得るつもりです!

▼薬剤師とブログは相性がいい▼

▼管理薬剤師のさらに上を目指そう▼

薬剤師が脱サラする5つのメリット

薬剤師が脱サラする5つのメリット

薬剤師が脱サラするときのメリットは5つ

・会社に縛られずに自分の思った通りに働くことができる

・時間を自由に使うことができる

・成功すれば給料は青天井

・経営者の一員になれる

・やりがいがある

1つずつ説明していきます。

自分の思った通りの働き方ができる

会社から独立すれば自分の思いどおりの働き方ができます。

サラリーマン薬剤師をやめて脱サラした場合は、すべて自分の責任になるので会社や上司のいいなりになる必要はなくなります。

自分が試してみたいことなどはどんどんチャレンジできますよね!

薬局の社長や管理薬剤師のワンマンにうんざりすることもなくなります。

脱サラをすればあなたが好きなように働き方を決定することができます。

時間を自由に使うことができる

脱サラした場合は、自分自身で仕事の働き方を決めることができます。

たくさん働てもいいし、少なく働くことも可能。あなたの好きなようにしてもいいんです。

脱サラした直後は収入が安定していないので、もしかしたらサラリーマン時代よりも多く働いてしまうこともあるかもしれません。

しかし、収入が安定してきたら人を雇ったり、事業を拡大したりで自分の時間を増やすことが可能となります。

会社勤めではできない時間の使い方ができるようになります。

成功すれば給料は青天井

脱サラの魅力は何といっても報酬の高さです。

会社をやめて脱サラした直後は収入はダウンするかもしれません。

というか、ほとんどの人が最初の1年目は大変だといっています。

しかしその後、うまく軌道にのせられれば収入を大幅にアップされることが可能となります。

サラリーマン薬剤師で一生懸命に頑張っても1000万円には届かないですよね。

脱サラしたあとは、給料に上限はないので頑張り次第でいくらでも稼ぐことができます。

経営者の一員になれる

脱サラして個人事業主となった場合はもう立派な経営者です。

収入や支出、税金などの計算もすべて自分で行わなければなりません。

脱サラして自分で経営すると、付き合う人達もかわってきます。

サラリーマン薬剤師時代にには出会うことができなたったような人達と関わりがが持てるようになってきます。

たとえば

・他の薬局や会社の社長さんや役員さん

・異業種の方達

・銀行の担当者や税理士など

薬剤師以外の方々と話すことで新しい情報が得られたり広い視野で物事を考えられるようになります。

仕事にやりがいがある

脱サラした場合はあなたがやりたい仕事をしているのですから、とてもやりがいがあります。

サラリーマン時代は会社の方針などで少し悶々とした気分になったりしませんでしたか?

せっかく新しいことに挑戦しようとしても、社長や上司から「そればダメだ!」とか「お前には無理だ」なんていわれると正直モチベーションがおちてしまいますよね。

でも脱サラした場合はあなたがやりたいことにチャレンジできるので強くやりがいを感じることができます。

あなたのやりたいこと、実現したい夢に向かってどんどんチャレンジすることができます

脱サラした直後はいろいろ大変かもしれませんが、あなたかやりたいことで仕事をしているなら幸せだと思いませんか?

薬剤師が脱サラするときのデメリット

薬剤師が脱サラするときのデメリット

当然デメリットもいくつか存在します。

・収入が安定しない

・急に仕事がなくなる場合がある

・社会的に信用が低い

・精神的なプレッシャーやストレスがある

・体調を崩したときが有給がない

・健康保険や年金・確定申告などは自分でらなければならない

それでは1つずつみていきましょう。

収入が安定しない

サラリーマンとは違って脱サラした場合は収入は保障されていません。

頑張ればそのぶん報酬があがるし、さぼればダウンします。

脱サラをして何か事業を始めた場合は安定するまで1〜2年はかかると思います。

その間は報酬がない期間があったりするかもしれないので、ストレスがかかってしまうかもしれません、

急に仕事がなくなる場合もある

フリーランス薬剤師として働いた場合は、クライアント先から仕事の依頼が急に止まる場合があります。

新しい人が見つかったので来月から来なくでも結構ですと言われることは珍しくありません

次のクライアント先を探すことになるので、その労力も必要になってきます、

一人で仕事を見るけることは難しいので、フリーランス薬剤師として独立する場合は、マッチング会社に登録することをオススメします。

フリーランス薬剤師のマッチング会社については下記の記事で詳しく解説しています。

社会的な信用が低い

脱サラしてフリーランスになった場合は収入が安定しないため社会的な信用は低くなる傾向があります

それは仕事が急になくなったり、収入が安定していないからです。

もし脱サラする予定であれば、会社員のうちにローンなどの申請をすませておくことが大切です。

返済のメドがきちんと建っているなら住宅ローンや自動車ローンなどは脱サラするまえに契約しておきましょう。

審査に通りにくくなるので会社を辞める前にクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

脱サラ後はしばらく信用は低いですが、事業に成功した場合はサラリーマンよりも信用が高くなる可能性があるので頑張りましょう。

精神的なプレッシャーやストレスがきつい

脱サラするともう経営者(個人事業主)です。

すべての判断は自分でしないといけません。

成功するのも失敗するのもあなた次第なので決断のたびにプレッシャーを感じることになります。

うらたか

収入が安定するまでは不安な日々を過ごすことになります。

サラリーマンのときは何も考えなくても自動的に給料が振り込まれましたが、脱サラするとそれがなくなります。

いきなり収入が0になることも覚悟しなければならないのでかなりのストレスを感じるかもしれません。

体調を崩した時に有給がない

脱サラしたあとは、有給がありません。

万が一大きな病気や怪我をしたときには誰も代わってくれません。

風邪をこじらしたりインフルエンザになっただけでも5日〜7日間は仕事を休まないといけないこともあります。

1週間も仕事を休んだら収入が大幅にダウンしてしまいます。

その辺も十分に考慮しておかないといけません。

健康保険や年金・確定申告などは自分でらなければならない

脱サラして個人事業主になった場合は健康保険や年金・確定申告などの手続きを自分でしないといけません。

特に確定申告などは多少の勉強が必要です。

確定申告をする際にほとんどの人がオンライン会計ソフトを導入したり、税理士を雇ったりしています。

その分の費用がすこしかかってくるのがデメリットかもしれませんね。

【おすすめのクラウド会計ソフト】

会計free
マネーフォワード
オンライン弥生会計

また健康保険や年金なども今までは会社と折半でしたが、脱サラして個人事業主になったば場合は全額自己負担になるのも見逃してはいけません。

健康保険と年金で月に数千〜数万円はかかるのでイタい出費です。

サラリーマン薬剤師から脱サラするなら、まずは準備期間を設けよう

サラリーマン薬剤師から脱サラするなら、まずは準備期間を設けよう

サラリーマン薬剤師をやめて脱サラしたいけど、かなり不安に思う方もおおいと思います。

そのような方はいきなり会社をやめて脱サラするのではなく、準備期間(練習期間)をもうけてから脱サラすることをおすすめします。

・副業をはじめる
・会社をやめて派遣薬剤師になってみる

具体的には上記の2通りです。

副業をはじめてみる

脱サラする前に副業をして準備する人が多いです。

薬剤師は自宅でできる副業、たとえばネットでできる仕事がおすすめです。

・ブログやアフィリエイト
・プログラミング
・WEBデザイナー
・WEBライター
・ネットショップ運営

これらのことをやっている副業薬剤師はとても多いです。

副業からはじめて収入が安定してから独立しましょう。

上記の仕事は独立してしまえばいつでもどこでも自由に働くことができます。

全国を旅をしながら、仕事ができるなんでノマドワーカーになれます。

あなたができそうな副業を初めてみましょう!

会社をやめて派遣薬剤師をやってみる

サラリーマン薬剤師をやめてすぐに脱サラしたい人は「派遣薬剤師」をやってみましょう。

派遣薬剤師であれば紹介会社は仕事を途切れなく斡旋してくれます。

それに社会保障や福利厚生が充実しています。

半年から1年くらい派遣薬剤師としてやってみて、できそうなら脱サラするのでも遅くありません。

派遣薬剤師は税金や保険、体調不良のことなどを気にする必要がないので仕事に集中できます。

派遣薬剤師で高額な案件(地方)などをやって自己資金を貯めるのも悪くないです。

いきなり脱サラせず派遣薬剤師として準備運動をしてから羽ばたきましょう。

【 派遣薬剤師になるなら以下の2社がおすすめ! 】

ファルマスタッフ
調剤薬局の求人件数は圧倒的!

m3.com「薬キャリ」
派遣薬剤師の福利厚生が充実♪

派遣会社にもいろいろ特徴があります。

エージェントとの相性もあるので、すべて登録しておくことをオススメします。

どの転職サイトも3分以内で登録できるので、早めに済ませておきましょう。

おすすめの派遣薬剤師転職サイト

エージェントファルマスタッフ薬キャリお仕事ラボ
主な特徴派遣薬剤師の圧倒的求人数!!
たくさんの中から選べる
日本調剤グループなので安心
大手ならではの手厚い保障!
福利厚生を重視する方向け
安心のm3グループが運営
転職後のサポートが安心
登録するだけで5000円!
お祝い金最大5万円
交通費1万円の支給あり
派遣の求人数⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
スタッフの面接同行×
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

派遣薬剤師を経験してキャリアアップするなら「ファルマスタッフ

ファルマスタッフのイメージ画像
派遣薬剤師の求人数4,121件
時給2,000円〜4,300円
復職・就職サポート
公式サイト【公式サイト】 https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフは派遣薬剤師の案件が圧倒的に多いです。

これから派遣薬剤師をしようと考えているなら、必ず登録をしておきましょう。

ファルマスタッフならブランクがあっても大丈夫!

パートや派遣薬剤師向けの教育・就業サポートが万全なので安心して働き始めることができます。

ファルマスタッフ の特徴!
  1. 調剤薬局の最大手「日本調剤グループ」が運営
  2. 派遣薬剤師の求人件数はナンバー1
  3. 派遣フタッフ向けの教育・就業サポートが万全!

調剤薬局の最大手の日本調剤グループが運営しているので、調剤薬局への就職には信頼度が高いです。

日本調剤に転職を勧めてくることはないので安心してください!

専門のスタッフが事前に電話と直接面談でヒアリングしたあと、一緒に面接に同行をしてくれます。

ファルマスタッフは派遣や薬剤師の転職を考えているなら登録をしておいて損はないので、チェックしてみてください。

\ 派遣薬剤師でも充実の研修制度 /

派遣薬剤師でも手厚い福利厚生を望むなら「m3.com薬キャリ

薬キャリのイメージ画像
派遣薬剤師の求人数2,751件
時給2,000円〜4,550円(4,000円以上の案件多数あり)
復職・就職サポート
公式サイト【公式サイト】https://pcareer.m3.com/

エムスリーグループの薬キャリは医療業界に精通しているため安心の転職サイトです。

薬キャリの最大の魅力は転職までのスピード感!

いち早く就職を決めたい人に向いています。

m3.com薬キャリの特徴!
  • 医療業界に精通したエムスリーグループが運営!
  • 派遣薬剤師のための手厚い福利厚生
  • スピーティーな対応!早く職場を見つけたい人向け

薬キャリエージェントの派遣薬剤師は「関東ITソフトウェア健康保険組合」に加入しています。

保険料は他の派遣会社よりも安く病気や怪我、出産などの給付が手厚いのが特徴です。

薬キャリエージェントは「早く就職したい」「派遣でも保証を充実させたいそんな方に向いています。

\ 派遣薬剤師の福利厚生がすごい /

転職後のサポートが万全!転職後の満足度が高い「お仕事ラボ

派遣薬剤師の求人数827件
時給2,500円〜5,000円
復職・就職サポート
公式サイト【公式サイト】https://www.oshigoto-lab.com/

お仕事ラボは派遣薬剤師の求人数は少ないですが、厳選された求人が公開されています。

お仕事ラボは就職してからのアフターサポートに力を入れています。

就職した後に利用者が満足できるように、徹底的なヒアリングを行っています。

お仕事ラボの特徴!
  • 厳選された派遣薬剤師の求人。高時給の案件が多数
  • 転職後の安定率が非常に高い!利用満足度90%以上
  • 登録や紹介をするだけでもお祝い金がもらえる!

お仕事ラボの魅力は、各種のお祝い金制度です。

・登録するだけで5,000円
・面接の交通費として1万円
・就職が成功すると5万円(トータルで6.5万円)
・お友達の紹介で5,000円→さらに就職すると5万円

登録するだけで5,000円をもらえるので,、転職を考えているならかなりお得です!

\ 転職も安心のサポート体勢 /

薬剤師が脱サラする3つの方法(まとめ)

今回はサラリーマン薬剤師が脱サラして自由になる3つの方法について解説しました。

簡単にまとめると以下のとおりです。

記事のまとめ

【 サラリーマン薬剤師が脱サラする3つの方法 】
・薬局を開設する(薬局経営者になる)
・フリーランス薬剤師になる
・薬剤師以外の事業で独立する

脱サラして自由になりたいなら一歩踏み出す勇気が必要です。

独立する人は必ずとおる道です。

だれにも縛られないで好きなように働くことができれば残りの人生も楽しく過ごすことができますよ。

本記事が脱サラを考えている薬剤師の方のお役にたてれば幸いです。

▼フリーランス薬剤師に興味があるなら必見!▼

薬剤師の皆様、現在の職場に満足していますか?

「残業がきつい」「有給を自由に取りたい」「キャリアアップしたい」そのように悩んでいる時は、エージェントに相談しましょう。

一人で悩んでもよい解決法はみつかりません。

本気で転職を考えているなら薬剤師転職エージェントに相談しましょう。

転職をした人のほとんどが2〜3社に登録しています。

どの薬剤師転職エージェントも無料で3分以内に登録が完了します。

今のうちに登録を済ませておきましょう!

ファルマスタッフ マイナビ薬剤師薬キャリリクナビ薬剤師お仕事ラボ
特徴全国に12ヶ所に拠点
調剤薬局や派遣に強い
研修などのサポートが充実
面談やヒアリングが丁寧
求人の幅が広く、業界トップクラス。
非公開の求人が多い!
病院や企業の求人が多い!
スピーディな対応で早く転職したい人向け。
エムスりーグループの運営なので安心
就職の大手リクルートが運営
キャリアアドバーザーのレベルが高い
高収入の求人が多数
就職後のサポート体勢が万全。
定着率に定評がある。
うれしいお祝い金制度が充実
求人数約61,000件約63,000件約32,000件約54,000件約35,000件
面接同行××
派遣薬剤師××
公式サイト詳細をみる詳細をみる詳細をみる詳細をみる詳細をみる
→→横にスクロールできます→→

おすすめの薬剤師転職サイト3選

当サイトがオススメする薬剤師転職サイトです。

希望の薬局に転職したいのあれば、薬剤師転職サイトに登録は必須です。

薬剤師が転職する際にに90%以上が転職サイトを利用しています。

すべて無料で登録できて、登録は3分以内で完了しますので、今のうちに登録を済ませておきましょう。

「ファルマスタッフ 」

ファルマスタッフ の画像

ファルマスタッフは調剤薬局大手の「日本調剤グループ」が運営している薬剤師転職サイトです。

ファルマスタッフ の主な特徴!

・調剤薬局の求人数が圧倒的
・派遣薬剤師の求人数がダントツに多い
・面接の同行なども一緒にしてくれるので安心

「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師の画像

マイナビ薬剤師は大手のマイナビグループが運営している薬剤師転職サイトです。

マイナビ薬剤師の特徴!

・求人の幅が広く業界トップクラス
・ドラッグストアの求人が多い
・面談やヒアリングが丁寧
・非公開求人が多い(登録が必須)

「m3.com薬キャリ」

m3.com薬キャリはエムスりーグループが運営している業界最大手の薬剤師転職サイトです。

薬キャリの特徴!

・病院や企業などの案件が多い
・連絡が早いのですぐに転職したい人向け
・子育て中のママの転職もサポート

薬剤師が脱サラする具体的な3つの方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フリーランス(薬剤師×ブロガー)のうらたかです。|薬剤師歴は20年以上、病院、調剤薬局、在宅薬剤師などを経験|フリーランス薬剤師を軸に薬局・薬剤師についての話や副業(ブログなど)について発信|薬剤師ももっと自由に働いていくことができます|少しでも多くの薬剤師の方に伝えられれば嬉しいです|WEBライターとしても活動していますので、お仕事のご依頼はDMへお願いします。

目次
閉じる